2020-03

スポンサーリンク
関東

【格安プランあり】横浜港発着豪華客船の旅!おススメはどこ?

いつかは経験してみたい、豪華客船の旅。 一度体験すると、はまってしまう人も多いようです。 「値段が高くて、セレブな人だらけなんじゃないの?」というイメージを持つ人もいると思いますが、 最近では、なんと一泊1万円台からのクルーズもあるんです! 客船クルーズは実際に何ができる?おすすめは? どんな魅力があるのかもいろいろ調べてみましたので、参考にしてみてください!
全国

5分でわかる「お七夜」とは?何をするものなの?

これからお産を控えている方というのは、お産に絡むお祝いなど いろいろ熟知しておかなければならず、お七夜もそのひとつです。 一体お七夜とはいつ行うのか、具体的に何をするものなのか… 今回はそこに触れて行きますので、お七夜の予習と行きましょう。
全国

初心者でもできる!河津桜を育ててみよう

春といえば桜の季節ですよね。桜の花は見る人の心を魅了します。 春の時期以外でも、桜を楽しみたい!という方におすすめなのが盆栽です。 盆栽は、家にいながら桜を育てて観賞することができます。 春の時期を待ったり、人で混みあう外に行かなくても自宅でいつでも桜が みられる盆栽はぜひおすすめです。 今回は、桜の中でも、河津桜の盆栽育て方と育てるコツについて紹介したいと 思います。
関西

京都葵祭の「斎王代」ってどんな人?その謎にせまる

四季折々の景色と、日本の古くからの歴史を感じさせてくれる京都。 一年中何かしらのお祭りがあると言っても過言ではありません。 その中でも京都三大祭りは、国内からも国外からも多くの観光客が訪れるお祭りです。 今回は、その三大祭りの中でも特に京都らしさを感じられる葵祭と、 お祭りのヒロインである斎王代についてご紹介させていただきます。
東海

竹島(蒲郡)潮干狩りを楽しもう!アクセス・駐車場情報をチェック

竹島は、長さ387メートルの橋で陸地と結ばれて、国の天然記念物に指定されている 蒲郡のシンボルです。 また、毎年県内外から約3万人が訪れるという人気の潮干狩りスポットにもなって います。 他にも、竹島海岸は日の出の絶景スポットとしても有名で毎年初詣と初日の出を 楽しみに多くの人が訪れているんですよ。 今回は竹島で潮干狩りを楽しむために、アクセスや駐車場の情報をまとめました。 シーズンにはとても混雑が予想されます。 事前のチェックは大切ですよ。 また、潮干狩りスポットや竹島の釣り情報も紹介したいと思います。
全国

車中泊はマット必須!快適に過ごすためのグッズ紹介

旅行やキャンプ、仕事などで車中泊をしたことがある方も多いのではないでしょうか? 車中泊の一番のメリットは、自分の都合のいいタイミングで移動ができること。 そして、移動がスムーズなので時間の短縮にもなりますし、宿泊費の節約もできます。 でもやっぱり、安全面や、暑さ寒さ、トイレなどが気になります。 何より、ホテルよりは寝心地が良くない点は悩むところですね。 心地よく寝ることができて、車中泊を快適に、楽しく過ごせる方法を調べてみました。
関東

尾瀬ヶ原ハイキングツアーにはいつ行くのがベスト?

尾瀬ヶ原は自然豊かで、花や紅葉など四季折々楽しめる場所ですよね。 東西に6キロ、南北に2キロと広がる草原は見事です。 そんな尾瀬ヶ原のおすすめはハイキングです。 ハイキングバスツアーなども多く組まれていて人気があります。 観光地と言っても尾瀬ヶ原は標高1400メートルある盆地の山です。 周りにも2000メートル級の山々が取り囲んでいる場所です。 時期によって、尾瀬ヶ原の見どころや気候は変わります。 そこで、ハイキングにおすすめな時期や気候に合わせたハイキング服を紹介 したいと思います。
東北

弘前城桜祭りに行く前に!イベント・アクセス情報まとめ

本州の中でも青森県は、最も桜前線がやってくるのが遅いですが それは同時に、本州で最も遅くまで桜が楽しめるという意味です。 そんな遅い桜を楽しむ催し物の中で、弘前城桜祭りは欠かせず 圧巻規模の桜を見たいなら一度は行っていただきたい場所です。 今回は2020年度版、弘前城桜祭りの諸情報をお伝えしますので 週末のデートに如何でしょうか?
関西

【京都の名所】円山公園の桜を120%楽しむ情報を今すぐチェック!

円山公園と言えば、京都の名所のひとつとして名高いスポットで 時期が来れば美しい桜が咲き乱れ、見る者を魅了してしまいます。 今回は円山公園の桜情報の最新版をお届けさせていただきます。 家族連れでも楽しめることは間違いなく、春の週末にでも 一度家族連れで訪れてみては如何でしょうか?
関東

西渓園の梅を見るなら織姫山近くの名所は要チェック!

西渓園とは? 織姫山の西側斜面にある梅林で、繊維産業で栄えた足利はかつて多くの女工さんがおり、女子の定時制高校があって女子の弟教育をするために、興国化学の社長が、育英資金の財源として梅の実の販売を考え、昭和39年ごろに梅の木を植栽したのがその始まりです。 今は足利市に寄付されているため開花時期には無料開放されています。 約3haの敷地に1200本の白梅(7割)紅梅(3割)が咲き誇ります。両崖山ハイキングコースから見る梅林の眺めは山並に雲がたなびく山水画の世界で素晴らしい眺めです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました