【京都の名所】円山公園の桜を120%楽しむ情報を今すぐチェック!

スポンサーリンク
関西
スポンサーリンク

円山公園と言えば、京都の名所のひとつとして名高いスポットで

時期が来れば美しい桜が咲き乱れ、見る者を魅了してしまいます。

今回は円山公園の桜情報の最新版をお届けさせていただきます。

家族連れでも楽しめることは間違いなく、春の週末にでも

一度家族連れで訪れてみては如何でしょうか?

京都円山公園の桜の開花情報やイベントスケジュール

京都市内における最古の公園である円山公園が、桜で有名なのは

多くの方がご存知だと思われますが、それだけでなく日本庭園や

園内には料亭や喫茶店などなど、名所がズラリと並んでいます。

なお円山公園と言えば「祇園しだれ」と呼ばれるシダレザクラで

植栽の後、200年以上親しまれた初代こそ枯れてしまったものの

80年以上の樹齢を誇る二代目が、現在では花形となっています。

本数としては700本弱と、他の大規模な公園や河川敷と比較すると

本数だけを見れるのであれば、見劣りするかのように思えますが

そこはやはり京都、管理から維持まで最大限徹底されているので

他にはない、別世界のような美しさを感じることが可能です。

それに、先に記述したシダレザクラの割合が少なくないようで

それがまた公園を彩る要素となっており、開花時期には是非とも

円山公園に足を運んでいただきたい理由となっています。

では2020年の桜の開花情報についてですが、気温が非常に高く

それに伴い開花も相応に早くなるようで、3月中となるようです。

具体的には、開花予想日が3月22日、満開予想日が3月30日と

非常に早い段階で開花、満開となるのを覚えておきましょう。

なお昨年の予想は、開花が3月27日、満開が4月2日のようで

2020年の開花と満開の早さが浮き彫りになると言えるでしょう。

もし予定を組まれるのであれば、その辺りも考慮して動くと

早め早めの行動となりますので後手に回らなくて済みます。

次にイベントスケジュールですが、2020年に限り問題があり

それによりイベントの多くが中止となっているようです。

原因は昨今世間を騒がせている、新型コロナウイルスのようで

これにより不特定多数が集まる祭りや花見等のイベントは

おおよそ中止をするよう国から指示を受けているようです。

もっとも、桜は時期になれば咲くのですからそこは変わりなく

訪れることそのもの自体は出来ますので、近隣の方であれば

感染予防等に注意して短時間だけなら構わないでしょう。

遠方の方に関しては、公式からの情報に耳を立てるようにし

常に最新の情報を得るのを前提、入念な準備を心掛けた上で

十分に注意して訪れるようにして下さい。

ただし、国からの要請等で公式から正式に自粛を促された

また公式から見物そのものの遠慮等の一文があった場合は

近隣遠方問わず、訪問自体を自粛するようにして下さい。

その他定められたルールは、必ず守るようにしましょう。

京都円山公園の桜は夜こそ見るべき!ライトアップの魅力

京都円山公園の桜と言えば、やはりライトアップを置いて他なく

最大の魅力、絶対に見ておくべきイベントと言えるものです。

ですがこの2020年、新型コロナウイルスの影響により自粛…

つまり、公式より正式にライトアップの中止が決定されました。

毎年ライトアップを楽しみにされていた方もそうなのですが

今年初めて円山公園へ訪れようとされていた方にも凶報ですね。

屋外ということでリスクは低めと言うものの、それが必ずしも

感染しない、大丈夫、問題がないという根拠にはなりません。

むしろ、大勢の見物客で溢れかえることが予想されますので

下手な屋内よりもそのリスクは高まってしまうと考えられます。

それを思うと、公式の判断は英断だったと言えるでしょう。

こればかりは仕方がない、どうしようもありませんので

今年は控えておく、若しくはお昼の桜を楽しむようにして

夜桜は次回の楽しみに取っておくようにしましょう。

ただ、中止と一言だけで済ましてしまうのは寂しいですので

京都円山公園のライトアップ、夜桜の魅力についてを下記で

改めてご紹介させていただきたく思います。

3月下旬から4月の上旬の期間、夜遅くまで(日没から24:00)

ライトアップも含め、かがり火なども用いて夜間であっても

夜桜を存分に楽しめる演出がなされているので必見となります。

特に、先に記述した二代目の祇園しだれは極めて美しいと言え

これを目的に、毎年大勢の見物客が訪れているようです。

なおこの祇園しだれ、「祇園の夜桜」とも言われているようで

桜が美しさが高いレベルの京都内でも、屈指の桜となります。

もちろんこの夜間、たくさんの見物客が訪れるのを想定して

多量の宴会の席を設け、毎年人々はそこで夜桜を楽しみます。

ただし、先にもありましたがライトアップは24:00までです。

よく24:00を過ぎても居残り、日付を超えても騒いでいますが

周囲に対して非常に迷惑になりますのでやめておきましょう。

円山公園の諸情報

円山公園の諸情報などについてご紹介します。

【住所】

京都府京都市東山区円山町内

【電話番号】

075-561-1350

【開園、閉園時間】

24時間(ライトアップは夜間から24:00まで)

【アクセス】

電車:JR、近畿日本鉄道京都駅から、市バス206系統東山通北大路

バスターミナル行きで約20分程度、祇園バス停下車

自家用車:名神高速道路京都南IC下車、府道143号を東山方面へ。

【駐車場】

134台、30分で260円

なお駐車場に関しては、桜の時期となると混雑が予想されます。

134台あるとは言え、公園の規模を考えると手狭と言えますので

朝早くから、または少し離れた駐車場への駐車をおすすめします。

その他の駐車場としましては…

GSパーク祇園駐車場

祇園新橋サンキンガレージ

タイムズ系駐車場

などが点在しており、特にタイムズ系はそこらかしこに位置して

しかも穴場的な場所が少なくないので、おすすめとなります。

ご紹介した駐車場は、比較的リーズナブルということもあり

いずれも駐車場として選択しやすい場所であると思われます。

【まとめ】

桜と言うのは、老若男女問わずその美しさに見とれるものです。

お子さん連れですと、ついお子さん主体でお子さんが楽しめる

スポットばかり選んでしまいがちですが、実のところと言うと

桜は普通に「アリ」ですので、是非一度は訪れてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました