車中泊はマット必須!快適に過ごすためのグッズ紹介

スポンサーリンク
全国
スポンサーリンク

旅行やキャンプ、仕事などで車中泊をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

車中泊の一番のメリットは、自分の都合のいいタイミングで移動ができること。

そして、移動がスムーズなので時間の短縮にもなりますし、宿泊費の節約もできます。

でもやっぱり、安全面や、暑さ寒さ、トイレなどが気になります。

何より、ホテルよりは寝心地が良くない点は悩むところですね。

心地よく寝ることができて、車中泊を快適に、楽しく過ごせる方法を調べてみました。

車内を快適に過ごすための車中泊グッズ・マット

車中泊の必需品

・マット、寝具

車中泊での寝具には布団か寝袋かの選択肢があります。

いつもの布団でリラックスして寝るか、コンパクトに収納できる寝袋にするか。

どちらを選ぶにしても、車のなかにそのまま寝具を設置して横になると、

硬いですし車のシートの凹凸が気になります。

そんなときの必需品がマット。

クッション性や防寒性があるので、車内で気持ちよく寝ることができます。

車中泊マットを選ぶときは、車の大きさにあったサイズのものにしましょう。

車内のスペースは限られているので、折りたためるもの、

または空気を入れて膨らませるものを選ぶようにしましょう。

・カーテンやサンシェード

安全のために街灯の近くに駐車すると、車内が明るくなるので、

しっかり外の光を遮断してくれるカーテンやシェードが必要です。

夜でも簡単に着け外しできるものにしましょう。

・ライト、ランタン

車のルームランプでも明かりを灯すことはできますが、

バッテリーがあがるかもしれませんので、ライトなどの照明器具があれば便利です。

食事などで長い時間ライトを使うときは、電池式のLEDランタンが便利です。

・電源、モバイルバッテリー

インバーターを使えば、車からより大きな電源を確保できます。

普段使用する電化製品も使うことができるのでおすすめです。

・水

水は、飲料用から洗面用まで、様々なことに利用します。

ポリタンクなどに水を入れて積んでおくと便利です。

2人で1泊ぐらいなら、10リットルのタンクでまかなえます。

・洗面具

最近は、コンビニなどでもトラベルセットが売られていますので、

ほとんどは外出先でも揃えることができます。

泊まる近くに入浴施設がある場合は、おふろセットも持っていきましょう。

・救急箱

いつものお薬はもちろんのこと、風邪や腹痛の薬、

ばんそうこうやガーゼ、爪切り、綿棒、体温計など、

一通り揃えておけば安心です。

夏は、虫よけスプレーや虫さされ用のお薬を忘れずに!

あれば便利!グッズいろいろ

車中泊の際に、持っていると便利なものをピックアップしてみました。

これで車中泊がさらに快適に過ごせますね。

カラトリーセット

プラスチックコップ

ウェットティッシュ

結露取りのワイパー

コロコロ

マルチツールナイフ

クーラーボックス

物干し、ハンガー

アイマスク、耳栓

車中泊の旅の楽しみ方

・泊まる場所選び

サービスエリア・パーキングエリア、道の駅やオートキャンプ場などが

食事でも洗面でも困りません。

特に最近では、入浴施設がある道の駅もあります。

途中で気になる立ち寄り湯があれば、ふらっと行ってみるのも楽しそうです。

・食事

旅行や仕事での外泊時の楽しみの1つが食事!ホテルでの宿泊だと、用意されていることが多いですが、

車中泊の場合、自分で選ぶことができます。

道の駅やサービスエリアでのご当地グルメを楽しみましょう!

・プライベートな空間

誰にも気を使うことがなく、完全にプライベートの空間を満喫できます。

本を読むもよし、映画を見るもよし。夜に移動の予定がないならお酒を飲むのもよし。

何をしようかわくわくしますね。

・ペットと一緒に旅行できる

宿泊施設だとペットOKのところは限られますが、

車中泊だと気にすることなく、ペットと一緒に旅行することができます。

注意点

・暑さ、寒さ対策

夏も冬も、エンジンを切れば外温と同じくらいの気温になります。

真夏は脱水症状になる危険性があるので車中泊には向きません。

冬は、窓を断熱シートでおおうなどの工夫をしましょう。

電気毛布なども役に立つアイテムです。

・安全面

ドアのロックをしっかりしておくことはもちろん、

サンシェードなどで貴重品が外から見えないように。

なるべく人通りのあって、近くに灯りがあるところで泊まるようにしましょう。

防犯ブザーなどを持っておくと安心です。

まとめ

車中泊は渋滞を避ける方法としてもおすすめです。

みんながホテルなどで泊まっている夜のうちに移動しておけば、

朝は目的地で目覚めることができます。

車中泊の際は、周りに住む人たちの迷惑にならないように、

マナーにだけは気をつけてくださいね。

マットなどの寝具や、車中泊グッズをしっかり揃えておけば、

ホテルなどで泊まる以上に楽しく過ごすことができそうです!

少しでも快適に過ごす工夫をして、車中泊のメリットを最大限に活かしたいですね!

タイトルとURLをコピーしました