冬至にかぼちゃを食べるのはなぜ?他に食べるものはある?

スポンサーリンク
全国
スポンサーリンク

冬至と言えばゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べると言う風習があることを

知っている人は多いと思います。

そして実際にゆず湯に入り、かぼちゃを食べている人も多いですよね。

まず冬至とは太陽の位置が1年でもっとも低くなることで

太陽が沈むまでの時間が短い日のこと言います。

つまり冬至は1年で1番太陽の出ている時間が短く、夜の長い日にということになります!

毎年少し前後することはありますが、日本ではだいたい12月22日頃に

冬至という年が多いです。

ここではなぜその冬至にかぼちゃを食べるのがその意味を詳しく説明します。

意外にこの風習は知っていても意味を知らない人は多いと思います。

また冬至にはかぼちゃ以外にも食べる食べ物があり、そちらも一緒に説明します。

きちんと意味を知ることでこの風習をもっと楽しむことができ

風習を行ってなかった人も今年はやってみようと思うことが出来ると思います!

冬至にかぼちゃを食べる意味とは

日本では冬至の日は「死に近い日」という意味があります。

その厄を払うために食べられているのが「かぼちゃ」です。

今はスーパーに行けばいつでも野菜は売られているので食べたくても食べれないという

状況にはなりませんが、昔はそうではありません。

冬になると作れる作物は極端に少なくなります。

そのため生きていくのにはとても厳しい状況と言えます。

なので冬至は「死に近い日」と言う意味があります。

その食べ物に困る時期に、長く保存出来るかぼちゃが大切な食糧になります。

夏にたくさんかぼちゃを育てて大切に保存しておき冬に食べます。

そんな大切なかぼちゃを冬至に食べることで「無事に冬を越せるように」という

願いが込められています。

これが厄払いに繋がっています!

しっかり意味を知ることで、今では温かい家で快適に暮らすことができて

とても便利なスーパーで食料を調達できることがどれほど幸せなことか考えることが出来ます。

今では当たり前になっていることなので、普段は何も考えませんが

冬至にかぼちゃを食べることで考えることが出来るので大切な風習になります。

さらに冬至に天気がいいと来年は豊作!雷がなれば雨が多い!

雪が降れば豊作!とも言われており昔の人にとって冬至はとても大切な日です。

今年は冬至の日の天気にも注目して過ごしてみるのもいいと思います。

私もこのように冬至の意味をきちんと理解してかぼちゃを食べたり

ゆず湯に入ったことはありませんでした。

意味を理解することで今までとは違う冬至を迎えることが出来そうです!

冬至に食べるかぼちゃ以外の食べ物の意味

冬至に食べるものはかぼちゃだけではありません!

食べる物は地域によって異なることが分かりました。

京都や九州ではかぼちゃを食べる風習があるようです。

北海道でもかぼちゃを食べるようですが、その食べ方が少し変わっています。

かぼちゃの煮物を食べるのではなく、おしるこにかぼちゃを入れて食べます。

沖縄ではかぼちゃではなくトゥンジージューシーを食べるようです。

トゥンジージューシーと言う名前を聞いてもどんな食べ物かまったく分からない人が

多いと思いますが簡単に言えば炊き込みご飯になります。

中身は豚肉やにんじん、かまぼこ、里芋などを入れて炊き込んだご飯です。

群馬県ではこんにゃくが冬至に食べられています。

このこんにゃくをかぼちゃと一緒にうどんに入れて食べられているようです。

こんにゃくは群馬県の名産品でもあります。

かぼちゃを食べている地域が1番多いですが、このように地域によっては

違う食べ物を食べている場合がありました。

詳しく調べてみると面白いと思いました!

かぼちゃを食べる意味を先ほど厄払いと説明しましたが、この食べる意味も

地域によっては違う場合があります。

寒い冬に風邪を引かないために食べるという地域もありました。

古くから続く風習を大切にしていきたいと思いました。

他にも意味をあまり知らないけど毎年行っている風習はたくさんあります。

きちんと意味を調べることでいつもと違った風習になると思います!

まとめ

冬至にかぼちゃを食べて、ゆず湯に入るという風習を行う人はたくさんいると思います。

そこにはきちんと意味があるので説明します。

昔は育てる作物が少なくなってしまう冬を越すのはとても大変でした。

そこでかぼちゃを夏にたくさん作り長期保存し冬に食べて過ごしていました。

そんな危険は冬を無事にこすために厄払いを目的とし、かぼちゃを食べていました。

今でもこの風習が残っておりかぼちゃを食べて過ごす人が多いのです!

食べ物に困ることが少なくなっている今では考えもしませんが、

昔はとても大変な事だったと分かります。

調べてみると日本では冬至にかぼちゃを食べている地域は多いですが

かぼちゃではない食べ物を食べている地域もありました。

例えば以下の通りです。

沖縄ではトゥンジージューシーという炊き込みご飯を食べます。

群馬県ではこんにゃくやかぼちゃを入れたうどんを食べています。

北海道ではおしるこにかぼちゃを入れて食べています。

しっかり意味を知ることで風習をいつもより大切に思うことが出来ます!

タイトルとURLをコピーしました