家でもクリスマスイルミネーションを楽しみたい!準備の仕方は?

スポンサーリンク
全国
スポンサーリンク

クリスマスの時期になると、イルミネーションで家を飾っている所が多くなりますよね!?

そろそろイルミネーションを飾りつけをしたいなと思っていませんか?

はじめての人でも飾ることができる方法や家の外に電源など準備をする必要があります。

イルミネーションの飾りつけについて紹介します。

クリスマスイルミネーションを家でするときに準備するもの

一番大事なのは場所で、イルミネーションをしたいと思っても飾る場所がなければ意味がありません。

初心者の場合には玄関や窓など範囲の狭い場所から飾りましょう。

必要なもの

イルミネーション、電飾、電気です。

場所があるのならイルミネーションがないと飾ることができません。

電飾タイプモチーフタイプ、カーテンタイプなど様々なタイプがあります。

飾る場所でイルミネーションを変えてみるといいですよ。

電気

電飾を灯すなら電気が必要なので庭に電気の配線を考えましょう。

電気がないときはソーラータイプのイルミネーションを購入しましょう。

30m500球と自宅で飾るとボリュームがあるライトです。

点灯パターンを記憶できるメモリー機能がついているため、毎日点灯パターンを設定しなくても大丈夫です。

消灯しても次の日も同じ点灯パターンで、光るため色鮮やかに光るので見ていて飽きません。

LED部分には防水加工が施されているため、雨が降っても飾ることができる。

自宅イルミネーションではミルキーボールイルミネーションがおすすめ!

丸いボールがふわふわと光るイルミネーションで柔らかく光ります。

家を可愛くしたいときはおすすめのイルミネーションで、おしゃれなインテリアとしても飾れて人気があります。

ミルキーボールイルミネーションの光は、この世に存在するほとんどの色を

作りだすことができるRGBでできているようです。

1つの電球をいろいろな色にゆっくりを変化させることもできます。

自宅イルミネーションは、防滴LED・200球ストレートがおすすめ!

10種類の色から選ぶことができるイルミネーションで、とてもきれいに光るので、

電気を節約できるだけではなく、長持ちさせることができます。

自宅の雰囲気に合わせて、好きな色を組み合わせると楽しいですよ。

LEDイルミネーションライトつららで、つららをイメージさせる飾り方ができます。

家を幻想的な雰囲気にさせてクリスマスにはかかせないイルミネーションですね。

10色あるのでその日の気分に合わせて、色をかえることができるイルミネーションです。

子供と一緒に飾りつけを楽しみましょう。

クリスマスイルミネーションを家でするとき電源はどうする?

屋外にイルミネーションを飾るときは、屋外の電源を家の外につける必要があります。

タコ足配線は危険なので、屋外コンセントの増やしておくと安全に使えます。

イルミネーション以外にも使えて便利ですよ。

屋外用には防水や防雨加工と書かれていることがあります。

※防滴と表示されていたら注意が必要です。

防滴は水滴しか耐えることができないため、雨や風が吹くとつかなくなる可能性があります。

保護レベルを表す基準「保護等級IP XY」(JIS規格)があります。

X・・・0~6の数字 固形物に対する保護等級

Y・・・0~8の数字 水に対する保護等級

※防滴だとYの数字が3~4、防雨だとYの数字が5~6。

屋外に設置するときはYの数字は5以上が必要になります。

防水と書かれている表示を確認して保護レベルがどのくらいかを見ましょう。

コンセントの形

家電製品などに使われている形は四角いプラグですが、屋外で使えるコンセントは 丸型 のプラグなのでよく確認してから使いましょう。

防水対策

電源や分配コードは全てが丸型プラグなので、安心して屋外につけられます。

コントローラーがついている電源は、イルミネーションを点滅させる機能がついています。

信号を送る大事な基盤がコントローラーの中に入っているので乱暴に扱わないようにしましょう。

防水対策

コードを上向きにつけると、雨水がコードを伝るとコントローラーの中に水が入ってしまう可能性があります。

基盤がショートして通電しなくなるので、コードは必ず下向きで設置する。

防水テープを使う。

イルミネーションの連結部分やイルミネーションと電源との連結部は、自己融着テープという防水テープを巻きましょう。

自己融着テープは、ブチルゴム製なので劣化しにくく、水に強いテープななので高度な電気におすすめです。

巻き方のコツ

テープの幅が半分くらいなるように、ひっぱりテープが半分くらい重なるように巻きます。

2周~3周巻きましょう。

節電する方法は?

電球をLEDに変える。

自宅の明かりを節約のためにLEDに変えると、電気を節約できます。

LEDは購入する時は電球式のものよりも値段は高いので注意が必要です。

電気代を考えてLEDの方が安く寿命も長く、熱を持ちにくいので電球式よりも安心して使えます。

ソーラータイプを使う。

ソーラー式のクリスマスイルミネーションも出ています。

自宅の庭に飾る場合にはソーラータイプがいいですよ。

日当たりが良い場所なら電気代はかかないので、配線のことを考える必要がありません。

まとめ

家にイルミネーションを飾る前に、家の外に電源があるか確認する必要があります。

ない場合は工事する必要がありますので、注意が必要です。

電源があるときは、イルミネーションをつけると電気代がかかるので、LEDライトをつけると節約できるので検討してみてはどうでしょうか?

クリスマスの時期はイルミネーションで飾られている家は、幻想的な雰囲気できれいですよね!?

イルミネーションをつけるときは、子供たちと飾ってみてはどうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました