桜を見るなら白野江植物公園は外せない!アクセス・駐車場情報

スポンサーリンク
九州
スポンサーリンク

北九州唯一の花木公園と言われる、白野江植物公園をご存知ですか?
桜で有名で、きっとその情報が元で興味を持たれたのでしょうが
せっかくですのでもっと事前情報を仕入れておきましょう。

今回は白野江植物公園について、桜の情報はもちろんのこと
周辺施設やアクセス等についても詳しくご紹介させていただきます。

・白野江植物公園の諸情報について


【住所】
福岡県北九州市門司区白野江2


【電話番号】
093-341-8111


【料金】
大人300円、小中学生150円、未就学児無料
65歳以上で且つ北九州市、福岡市、下関市、熊本市
鹿児島市の在住者は、要証明書提示で90円


【開園時間】
9:00~17:00(最終16:30)
【休園日】
火曜(火曜日が祝日の場合は翌日休園)、年末年始
2~6月、9~11月は開花シーズンのため、休園無し

白野江植物公園は桜の名所として名高く、全国的に知名度も高めです。
そして北九州唯一の花木公園であり、年の半分以上は何かしらの花木が
シーズンを迎えているという、見ごたえ抜群のスポットとなります。

特筆すべきはその桜の種類と本数で、種類にあっては何と60種類で
ソメイヨシノと言った定番の種類から、十月桜や寒桜、河津桜など
桜の季節として一般的な「4月」に収まらない規模となっています。

その他、牡丹、御衣黄、市原虎の尾、ウワミズザクラ、アーコレード
鬱黄、思い川、関山、白妙、筑紫山桜、紅豊、八重紅しだれなどなど
それらが800本以上も立ち並ぶその様相は、人々に感動を与えます。

さらに「ハス」も見ごたえ抜群で、夏季には約30品種50鉢のハスが
加えてミヤギノハギやシロバナヒガンバナ、アジサイ、フジバカマが
間近で楽しめるという、桜だけに限らない魅力も盛りだくさんです。

つまり、シーズンの概念はあるものの、一年中通して楽しめるのが
ここ白野江植物公園ということで、是非一度は訪れたいところです。

【おなかが空いたら】白野江植物公園周辺で食事をするならココ!


公園と言えど一定の規模があるためにマップは広く、全部を回ると
それこそ1日掛かりとなってしまうことも決して少なくありません。

となると疲れると思いますし、お腹だって空くのが当然なのですが
何処で何を食べればいいのか悩みますし、市外県外の方であれば
何処に行けばいいかなんて全く分かる由もありません。

と言うことで、下記で白野江植物公園周辺で食事をする場合に
おすすめとなるお店をご紹介させていただきます。

1.ファミリーレストラン サンマリノ


【住所】
北九州市門司区白野江1-21-12


【電話番号】
093-341-8611
【時間】
11:30~14:30及び17:30~21:00
【定休日】
水曜日

他サイトでもよく近隣の飲食店として紹介される、定番のお店です。
店構えは洋食店なのですが、洋食はもちろん和食や定食、釜飯まで
幅広く取り揃えており、お子様連れでも問題なく来店出来ます。

2.シートレビアン

【住所】
北九州市門司区大字白野江546-1


【電話番号】
093-341-3322
【時間】
昼の部10:00~15:00 夜の部17:00~20:00(夜の部は団体予約のみ)
【定休日】
不定休

白野江植物公園から北東に行くと、九州最北端のBBQハウスを謳う
バイキング、焼肉、海鮮と何でもありのシートレインがあります。
単品メニューも豊富ですが、どちらかと言うとお酒の席寄りです。

3.まなべのたこ焼き 田ノ浦店


【住所】
福岡県北九州市門司区鳴竹1丁目14-6


【電話番号】
093-332-3872
【時間】
11:00~18:00
【定休日】
水曜日

入店して腰を下ろすまでではない、軽く食べたいと思う方なら
粉もんの筆頭たこ焼きでも如何でしょうか?
なお営業日や定休日が、変更となることもあるようですので
ご来店前に電話で確認してみるのがベターかもしれません。

4.ラーメン古潭


【住所】
北九州市門司区春日町20-5


【電話番号】
093-341-0926
【時間】
10:00~15:30
【定休日】
木曜日

年齢によっては少々重たいかもですが、ここはあっさりです。
ただ、評判のお店のようでいつも賑わっている様子ですので
早めのご来店が無難になるかと思われます。

5.門司港レトロ


【住所】
北九州市門司区9


【電話番号】
093-321-4151
【時間】
24時間
【定休日】
なし

言わずと知れた施設で、厳密には飲食店ではありませんが
敷地にはさまざまな飲食箇所が点在しています。
もっとも、白野江植物公園よりずっと規模の大きい施設で
どちらかと言うとこちらがメインのケースが多いかもです。

・白野江植物公園へのアクセス・駐車場情報


白野江植物公園へのアクセスについてですが、シーズン外なら車で
シーズン内であれば公共交通機関を利用するのが最良でしょう。

【電車及びバス】
JO門司港駅→西鉄バス41番白野江行き、白野江2丁目下車徒歩約3分

【自家用車】
九州自動車道門司IC→白野江方面へ走行約5分
九州自動車道門司IC→北九州都市高速春日ランプ
→県道72号線を白野江方面へ走行約5分

【駐車場情報】
自家用車 300円 84台収容可能
中・大型車1000円 4台収容可能

シーズン中以外の平日であれば混み合うこともないと思われます。
ただし、シーズン中の土日祝日は混雑する可能性がありますので
お昼前になると駐車場が満車になることも少なくないようです。
よって、開園時間前の到着や早め早めの行動が原則となります。

しかも周辺には施設駐車場以外の駐車場がないので選択肢がなく
自家用車の場合はその辺りの想定もしておくのが無難でしょう。
決して路上駐車などはしないよう、節度を持って行動して下さい。

なお周辺施設、観光として…
部埼燈台
門司港レトロ
市立しものせき水族館 海響館
巌流島
岳ノ鼻
権七岩

などがあるのですが、特に門司港レトロは全国的にも有名ですし
イベントも盛りだくさんですので、公園を訪れた後とか次の日等
出来れば立ち寄っていただきたい名所となっています。

【まとめ】


開花時期になれば、その桜並木に息を飲まれることだと思います。
それはもちろん楽しいことなのですが、もっと楽しくするためには
事前情報というのは欠かせません。

もっとも、今回でしっかりとそれを得られたと思いますので
時期の週末にはご夫婦で訪れてみては如何ですか?

タイトルとURLをコピーしました