コンドイビーチに来たらこれだけは外せない!幻の島を見に行こう

スポンサーリンク
沖縄
スポンサーリンク

沖縄の竹富島には幻の島を歩くことができるビーチがあります。

エメラルドグリーンの海で、海水浴も楽しめるビーチがコンドイビーチです。

この絶好のビーチには魅力がたっぷり詰まっています。

また、コンドイビーチがある「竹富島」は、サンゴの白砂が敷き詰められた道に

沖縄らしい赤瓦の街並みが広がるステキな離島です。

今回は、コンドイビーチの干潮時に現れる『幻の島』について紹介します。

そして、竹富島の見どころはコンドイビーチだけじゃないんです。

他にもぜひ観光してほしいスポットがあるので、必見です。

コンドイビーチの干潮時に現れる「幻の島」

八重山諸島の竹富島の西側にあるコンドイビーチは、砂浜の白とエメラルドグリーンの海との

コントラストが美しい天然のビーチです。

石垣島からのアクセスも良いことから、人気のビーチとなっています。

コンドイビーチからは遠くに小浜島や西表島を眺めることができ、見晴らしが

非常に美しいんです。

八重山諸島の数あるビーチの中でも、コンドイビーチは有数の透明度を誇ります。

海は遠浅で砂地がメインですが、波が穏やかなので海水浴には最適です。

竹富島で唯一泳げるビーチとなっていて、子供連れでも安心して楽しむことができます。ただし沖の方まで砂地になっているので、シュノーケリングには不向きなビーチでしょう。

そして何といっても、『幻の島』と呼ばれる場所が魅力的で、見ているだけで

癒やされること間違いなしのスポットなんです。

ビーチの潮が引いてくると現れるのが「幻の島」で、潮が引くことによって

砂の島が作られます。

沖縄には数多くの幻の浜を見ることができますが、コンドイビーチでは

潮が引いたタイミングなら膝下くらいの深さなので、幻の浜まで歩いていくことが

できるのが特徴です。

また、潮の満ち引きで海の色や砂の島の大きさ、形が変わるので幻の浜の違いを

楽しむことができます。

潮が引いたときが一番浜を歩きやすいですが、潮が満ちてくるときも見逃せません。

真っ白な砂浜が少しずつ青々とした海に隠れていく瞬間を見ることができ、

そのコントラストは見応え抜群です。

満潮でも深さは腰の高さくらいまでなので沖まで渡ることもできますが、

波や風が強かったり少しでも危ないと感じた時は、ビーチから眺めるだけにして

おきましょう。

コンドイビーチの砂浜から幻の浜までは、潮が大きく引いているときなら約50m、

満ち気味のときでも約100mと、まさに目と鼻の先です。

しかし風が強くて波がある時は、浅瀬でも強い流れが発生しますので、

幻の浜へは無理に渡らずビーチから見るだけにしましょう。

海が穏やかなら、約10分で幻の浜に上陸可能です。潮が引いているときなら

「砂の大陸」になっているので、いろいろ歩き回ることができます。

また、コンドイビーチは設備も整っていて観光にもってこいなんです。

トイレやシャワーなどの設備もあるので、コンドイビーチを思う存分楽しめるように

なっています。

コンドイビーチはカイジ浜、西桟橋といった竹富島にあるビーチの中で

唯一海水浴ができるビーチなので、トイレやシャワー、更衣室などの設備も

充実しています。

ただし、コインロッカーはないのでホテルや宿の金庫に入れたりフロントに

預けたりなど貴重品の管理はしっかり行いましょう。

パラソルの他に、チェア、浮き輪などを無料でレンタルすることができます。

また5月~10月のシーズン中は、移動パーラーで飲み物や軽食が販売されているので、長時間ビーチで過ごせるでしょう。

夏場のビーチは日差しが強く日陰がないので、パラソルを必ずレンタルする

ことをおすすめします。

沖縄では3月下旬頃から海開きが行われ、10月くらいまで楽しむことができるでしょう。コンドイビーチの海開きは日本一早く、3月中旬頃には海開きされています。

沖縄の海は入れる期間がとても長く、6月〜9月頃が海水浴にはおすすめの時期です。

沖縄は台風が多かったり天候が変わったりしやすいですが、晴れた日のコンドイビーチ

のエメラルドグリーンの海は光り輝いていて、まさに楽園に居る気分になれますよ。

コンドイビーチだけじゃない!竹富島の見どころ観光スポット

海で楽しんだあとに訪れたいのが、竹富島です。ここでは沖縄料理はもちろん、

美味しいランチを食べることができますよ。

石垣牛や島豆腐、八重山そばなどの定番メニューはもちろん、島野菜カレーや

てびちそばなどのオリジナルメニュー、八重山そば選手権のオリジナル汁そば部門で

グランプリを受賞した「もずくそば」などが味わえます。

ランチのあとは竹富島を散策してみましょう。

徒歩や自転車で十分回ることができる竹富島では、沖縄らしい風景を満喫できます。

赤瓦屋根やシーサーなど、見慣れていない町並みを見ながら歩くだけでも楽しい

時間ですよ。

そして竹富島といえば『水牛車』です。

水牛車に乗って竹富島の集落を巡るツアーが定番となっていて、ガイドさんが

三味線で沖縄民謡を歌ってくれることもありますよ。

お願いすれば記念に水牛と写真を撮ってもらうこともでき、沖縄でしか体験する

ことのできないツアーです。

竹富港から水牛乗り場までは送迎バスが出ているので、迷うことなく乗り場まで行けます。

竹富島を訪れたらまず外せないのが水牛車観光です。

水牛車観光しながら、竹島の街並みをゆったりと体感してみましょう。

石垣の垣根には島コショウと呼ばれるピパーツやマダガスカル原産のキンチョウ

などが自生しています。

特に、ブーゲンビリアが通り沿いにあふれる「フラワーロード」はシャッターチャンス

です。

また、集落の中心には「なごみの塔」があり、島のシンボルとして町を見守っています。「なごみの塔」に上ることはできませんが、そのすぐ近くに竹島の集落を展望できる

ビュースポットがあるんです。

それが、「あかやま展望台」です。なごみの塔の高さはほぼ同じで、

建物の2・3階部分が展望スペースとして開放されており、360度の

パノラマビューで赤瓦の街並みを一望できます。

素朴で温かな沖縄の原風景にどこか懐かしさを覚えますよ。

竹富東港からコンドイビーチまでは、自転車で約15分、集落からは約10分で到着します。レンタサイクルできる会社が竹富島には4社あり、価格もお手頃で気軽に利用できます。

コンドイビーチの入り口には駐輪場もあるので、レンタサイクルを考えている人も

安心して自転車を利用できますよ。

自転車で竹島の町をのんびり回ってみるのもいいでしょう。

まとめ

エメラルドグリーンの海と聞いただけでも、行ってみたくなりますが、

さらに「幻の島」まであるなんてワクワクしますよね。

竹富島のおすすめ観光スポットはコンドイビーチだけではありません。

ゆったりとした竹富島の集落にもたくさん楽しめるスポットがあるので

ぜひ、竹富島を満喫してみてください。

タイトルとURLをコピーしました