鍋ケ滝公園周辺のランチおすすめスポット5選!

スポンサーリンク
九州
スポンサーリンク

熊本県阿蘇郡小国町にある鍋ヶ滝は、「水のカーテン」とも言われる

美しい滝がある観光スポットです。

また、滝の裏側を見ることができ、「裏見の滝」としても有名ですよね。

熊本県に訪れたらぜひ観光してほしいスポットです。

そして観光するなら欠かせないのが、ご当地ランチですよね。

神秘的な滝を見て心を満たした後は、おいしいランチでお腹も満たしちゃいましょう。

そこで今回は、鍋ケ滝がある鍋ケ滝公園周辺のおすすめランチスポットを

紹介したいと思います。

鍋ケ滝公園や黒川温泉周辺でランチをするならこちら

鍋ケ滝を観光した後は、鍋ケ滝公園や黒川温泉周辺でおいしいランチを食べましょう。

始めに、鍋ケ滝公園周辺のおすすめランチを紹介します。

鍋ヶ滝は、大分県との県境である熊本県阿蘇郡小国町にある滝です。

高さ9m、長さ20mと、あまり大きな滝ではありませんが、「水のカーテン」とも

称される姿は美しく神秘的ですらあります。

また、滝の裏側から滝を眺めることができる「裏見の滝」としても有名です。

鍋ヶ滝は、松嶋菜々子さんが出演していたキリンの生茶のテレビCMにも起用され

ました。

正面はもちろん、珍しい滝の裏側からの様子や対岸からの景色は絶景ですよ。

黒川温泉は、一度は訪れたい憧れの温泉地「黒川温泉」です。

山間の小さなこの温泉地には、懐かしく心が安らぐ田舎の風景と豊富な

温泉があります。

30軒あまりの温泉旅館は離れの宿が多く、おこもり滞在にぴったりです。

湯けむりのぼる「わいた温泉郷」をはじめ、温泉プリンの食べ歩きが楽しめる

「杖立温泉」などがあります。

では、鍋ケ滝公園や黒川温泉周辺のランチ5つを紹介したいと思います。

≪木魂館≫

熊本県阿蘇郡小国町北里371-1

ボリュームも満点のランチがいただけます。特に、あか牛のステーキを味わう

なら木魂館がおすすめです。

あか牛の生産者の方から一頭買いしているからこその肉厚ステーキが

いただけますよ。

≪わろく屋≫

熊本県阿蘇郡南小国町満願寺黒川6600-1

明治時代の古民家を移築したカフェ&レストランです。落ち着いた雰囲気のなかで

ゆったり食事が楽しめます。

1度に3つの味が味わえる「おぐにまるごと三種のカレー」が人気メニューです。

旅行ついでに贅沢をしたいなら「あか牛ロースの炙り重」がおすすめです。

適度に脂がのった肉のうま味がタレと絶妙にマッチし、ご飯がどんどん進みます。

≪彩もみぢ≫

熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6777

そば粉から臼挽きした香り豊かなそばを堪能できるお店です。

定番の「かけそば」や「ざるそば」のほかに、地元名産の馬刺しや

セットメニューの「かえで膳」などが食べられます。

なかでも「かえで膳」は、炭火焼のあか牛が乗った丼と店自慢のそばが

同時に味わえる贅沢な一品なのでおすすめですよ。

≪とうふ吉祥≫

熊本県阿蘇郡南小国町満願寺6618

「とうふ吉祥」では、水は筑後川の上質な源流水を使用し、天然にがりは

季節ごとに丁寧な調整を加えて、おいしい豆腐を提供しています。

人気メニューのひとつである「とうふ定食」は、手作りの豆腐とこんにゃくに、

揚げ出し豆腐などがセットになったお得なセットになっています。

このほか、「とうふステーキ」「とうふお好み焼き」などなど、専門店ならではの

料理が盛りだくさんです。

ヘルシーなランチがお好みならぜひこちらをどうぞう。

≪お食事処 はなびし≫

熊本県阿蘇市一の宮町宮地1860

地元のブランド牛「あか牛」を使った料理と、素材と水にこだわった

そばが味わえるお店です。

人気の「あか牛 牛カツ重」はレアに仕上げた良質なお肉がご飯とよくあって、

肉好きにはたまりません。

「あか牛濃厚カレー」も肉のうま味が効いていておすすめですよ。

鍋ケ滝へのアクセスをチェック

鍋ケ滝は、滝の落差は約10mと規模は小さいですが、幅は約20mあり、

カーテンのように幅広く落ちる水が木漏れ日に照らされる様子は、

とても優美で神秘的です。

阿蘇のカルデラをつくった約9万年前の巨大噴火でできたとされる鍋ケ滝は、

長い年月をかけて現在の形になりました。

滝上部の固い岩盤や滝裏のやわらかい地層は、今も浸食等を繰り返し、

少しずつ形を変えています。

春には期間限定で滝を裏側からライトアップするイベントが開催されます。

鍋ケ滝へのアクセスを紹介します。

場所:熊本県阿蘇郡小国町大字黒渕

≪アクセス≫

日田ICから 車で1時間

熊本ICから 車で1時間30分

道の駅小国ゆうステーションから 車・タクシーで10分

カーナビを利用する場合は、鍋ヶ滝の手前に位置する坂本善三美術館(0967-46-5732)をセットして下さい。(住所等でセットすると誤った場所になる場合があります。)

坂本善三美術館まで来れば、そこからは案内看板に従って進行すると2分程度で

鍋ヶ滝へ到着します。

鍋ケ滝公園についても簡単に紹介しますね。

≪園料≫

現行:大人(高校生以上) 300円 

現行:小人(小・中学生) 150円 

小学生未満 無料

≪開園時間≫

9時00分~17時00分(最終入園16時30分)

≪駐車場≫

123台 

※大型バスの乗り入れ不可

横幅2.3m以下の中型バス、マイクロバスの乗り入れは可能

≪休園日≫

年末年始(12月28日〜1月3日)

大雨・洪水警報発令時など河川の増水状況等により臨時休園とする場合があります。

ゴールデンウィークなどの連休時やお盆などは、鍋ヶ滝公園内混雑のため入場規制をかけることがあります。

まとめ

カーテンのように広がる鍋ケ滝はとても神秘的です。

また、滝の裏側から滝を見ることができる貴重なスポットです。

熊本に訪れた際はぜひ、鍋ケ滝を観光して、滝のパワーをたっぷりと

浴びてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました