【風を切って走る】伊良部大橋の絶景を自転車で楽しむ旅

スポンサーリンク
沖縄
スポンサーリンク

沖縄本島から南西約300kmに位置する宮古島の周りには大小5つの島

(池間島、来間島、伊良部島、下地島、大神島)が点在します。

その中でも、伊良部島は、沖縄・宮古島と伊良部島を結ぶ「伊良部大橋」で

つながった島です。

海に浮かぶ伊良部大橋は、信じられない程の青い海の上を渡ることができます。

宮古島随一のインスタ映えスポットとして大人気な観光地でもあるんです。

宮古島旅行で欠かせないのが周辺の島めぐりですよね。

中でも一番面積が大きく、島と島をつなぐ「伊良部大橋」で有名な

伊良部島には是非行っていただきたい場所です。

レンタカーで巡るのも良いですが、宮古島の風を感じながら自転車で走るのも

おすすめなんです。

車では味わえない絶景が見られますよ。

今回は、伊良部大橋の絶景ポイントや撮影スポットを紹介したいと思います。

実は、伊良部大橋は徒歩でも渡ることが出来るんです。

徒歩で楽しむ伊良部大橋についてもまとめたので観光の参考にしてみてくささい。

伊良部大橋はcmの撮影スポットとしても有名

観光地としても有名な伊良部大橋ですが、実はCMの撮影スポットとしても

有名です。

2015年に開通したばかりですが、早くも車のCM撮影地となりました。

伊良部大橋の絶景でCM撮影した車は、ホンダのオデッセイHV(美×力。

ハイブリッド篇)です。

皆さんも一度は見たことが折ると思います。きれいな海の上の橋を颯爽と

走る車が印象的ですよね。

2015年1月31日に全長3,540mの無料で渡れる日本一長い橋が宮古島と

伊良部島を結びました。

東洋一美しい海と言われる与那覇前浜ビーチや東平安名崎がある宮古島。

サトウキビ畑や隠れ家のカフェが点在している来間島や美しい白砂の砂浜が

有名な自然豊かな池間島。

そして今回伊良部大橋で繋がる伊良部島と下地島。

伊良部大橋が開通することで5つの島がひとつになり、今までよりも時間を

気にせずゆったり5つの島を巡ることができるようになりました。

無料で渡れる橋としては日本最長の3540mを誇る伊良部大橋は、透き通る

ような青い海の上を走ることが出来るドライブルートです。

さらには宮古島随一のインスタ映えスポットとして大人気な観光スポットなんです。

車だけでなく、自転車でも橋を渡ることができます。
橋の下はフェリーの航路となっていて、橋はフェリーがくぐれるよう、

かなりの高さがあります。

そのため、アップダウンのあるアーチ部分は、自転車で走ると、けっこう疲れます

が、まるで青空へ向かって飛び出しそうな爽快な景色が楽しめます。

また、自転車で橋を渡ると、ウミガメが海面に顔を出していたり、

甲羅干しをしていたり、冬場は運が良ければマンタも橋の上から確認できます。

貴重な出会いは、車よりも自転車で橋を渡る人の方が、多いのではないでしょうか。


特にオススメしたい絶景ポイントは、「牧山展望台」です。ここは伊良部島で

もっとも標高が高く、「伊良部大橋」を一望できるんです。

伊良部大橋の全景を望むことができる牧山展望台。

伊良部大橋から来た道を戻る途中に、牧山展望台へと向かう道があるので、

そちらに進みます。

伊良部島で一番標高が高いスポットのようです。緩やかですが1km以上登り坂が

続くので、特に暑い季節はなかなか体力が要りますよ。

伊良部大橋は、アーチ部分の最高地点は、平坦な部分から約24m。

マンションにして8階建ての高さもあります。しかも橋なので吹きさらしです。

自転車で渡る時は、強い横風には注意して橋をわたりましょう。

 ゆっくり伊良部大橋の景色を楽しむなら徒歩もアリ  

ドライブに最適な伊良部大橋ですが、実は歩いても渡ることが

できるんです。

といっても、ジョギング、ウォーキングなど、渡っている人は非常に少ないです。

歩くと片道約1時間程度かかります。もちろん往復するとその倍かかります。

しかし、それだけゆっくり海の上で絶景を楽しめると言うことです。

車では気が付かなかった絶景に出会えるかもしれません。

ただし、歩いて渡る時は注意が必要です。

伊良部大橋の橋梁部幅員は「8.5m」ありますが、歩道はありません。

道路と同じ高さの路側帯があるだけで、幅員は片側「1.2m」。

道路の両側にありますがあまり広くはありません。また車道との段差がないので、4歩行する際は通行する車に注意しましょう。

また伊良部大橋には外灯がありますが、外灯の間隔が広く、明るいのは外灯の下だけです。夜の伊良部大橋はかなり暗いです。

早朝や夜間などの暗い時間帯に歩いたり走ったりするのはおすすめできません。

伊良部大橋には大きな船をくぐらせるため、橋の一部が盛り上がってアーチ状に

なっています。

アーチ部分の最高地点は、平坦な部分から約24m。

マンションにして8階建ての高さもあります。しかも橋なので吹きさらし。

強い横風には注意して橋を上りましょう。

雨の日や風の強い日は橋を渡るのは危険かもしれません。

また、日を遮るものもありませんから、直射日光対策も必要です。

取付橋梁を渡りきると伊良部島に上陸できます。

島に上陸する前に、島への接続部分の脇を見ると、下に行ける階段があるんです。

これも車で通るとなかなか気づけませんが、階段を下りるとそこは橋の上から

見えた「長山の浜」です。

橋のたもとのビーチへ下りることができます。

そして橋はビーチの上に架かっていますので、、砂浜づたいに伊良部大橋を

くぐれるんです。

車からでは絶対に眺めることができない、橋を下から見た絶景です。

しかも階段は接続部分の両側にありますので、片方の階段からビーチに下りて橋を

くぐり、もう片方の階段から戻るなんてこともできます。

歩いて橋を渡る方はぜひ下りてみてくださいね。

距離と時間はかかりますが、車では味わえない伊良部大橋を楽しめますよ。

まとめ

透き通るような青い海の上を走る伊良部大橋は、宮古島を訪れるなら

必ず行ってほしいスポットです。

橋から見える海や島々は絶景です。自転車で渡ったり、のんびり歩きながら

橋を渡れば、車では発見できなかった絶景に出会えるかもしれませんよ。

タイトルとURLをコピーしました