能登金剛の観光なら遊覧船は外せない!ペットも乗船可ってホント?

スポンサーリンク
北陸
スポンサーリンク

能登金剛の観光するなら遊覧船は、ペットと一緒に景色を楽しむことができます。

遊覧船でペットと一緒に乗った人、遊覧船のコースや料金、アクセスについて紹介します。

能登金剛遊覧船で巌門めぐりをゆったり楽しむ

能登金剛遊覧船は3コースある!?

能登金剛センターさん下船乗り場    

旅の駅 『巌門』下船乗り場     

福浦港発着コース (新コース)    

 ※福浦港発着コースは25名以上の団体様で貸切コースで、通常このコースは運航していないため事前に予約をしましょう。

  • 巌門洞窟

日本海の荒海によって造られた洞門は、岩盤の下に幅6m、高さ15m、奥行60mの貫通洞門があるため小舟も通り抜けれます。

奥にある大洞窟は義経主従が隠れて住んでいた場所とも言われているようで、昭和44年奥壁を削って隧道を作り遊歩道となりました。

  • 鷹ノ巣岩

巌門洞窟と並んで能登金剛の象徴的シンボルは、高さ30m、周りの長さ約150mの海から急にそそり立つ岩で、断崖に今まで誰の頂上を極めた物がいないため昔鷹が巣を作っていたから名前がつきました。

  • 碁盤島

高さが10mの険しい島で昔義経主従が此処を隠れて住んでいたときに、この島に登り、縦横に碁盤の目のように入ったヒビで碁を打ったから名前がつけられました。

島の頂に丸いくぼみがあり、中には大小の碁石のような石がたくさん入っているようです。

  • 日本最古の木造灯台

今ある木造灯台で日本で1番古い灯台で、明治初期に建造されて現在は石川県の重要文化財に指定されています。菜種油を使いランプを燈していたようで、灯台ができる前は高台でかがり火を焚き港に入る船の安全を守っていたようです。

  • 千畳敷岩

畳が1千畳もあるように平らな岩場が広がっているところから名前がつけられた。今から何千万年も前の海底隆起により出来たものです。

  • 猪鼻岬

岩の先が猪の頭の形によく似ているため猪鼻岬と呼ばれているようです。

  • 福浦港

開港1300年の歴史を持つ港町で古くは中国大陸の渤海国からの使者が、此処福浦港から大陸へ戻ったと歴史書物にかいてあります。

江戸末期から明治にかけて北前船の風町港として、栄えていましたが現在は底引き網漁船(甘海老、ズワイ蟹漁)の母港です。

巌門とは?

石川県羽咋郡志賀町海岸線一帯の29キロが「能登金剛」と呼ばれる石川県を代表する景勝地です。

「巌門」は能登金剛のほぼ中央にあり南端は「日本最古の木造和式灯台」有する「福浦港」、北端には「義経の舟隠し」ゼロの焦点のクライマックスシーンで知られる「ヤセの断崖」を観る事ができます。

透通るような海を下にして観る事の出来る能登金剛・巌門の雄大な景色は、陸上から見るものとまた一味違う感動を皆様に味わって頂けるものと信じています。

遊覧船は55人乗り(15t)旅客船で、船に弱い方でもそれ程心配する必要はありません。

能登金剛・巌門の素晴らしい絶景をゆっくり見物しましょう。

遊覧船乗場のご案内

旅の駅 巌門下乗り場(駐車場から歩いて約3分)

能登金剛センター下乗り場(能登金剛センターさん駐車場から歩いて約3分。)

料金・運航案内 2020年1月1日より料金改正

〈料金〉 大人:1,200円 

     小人:600円(6歳~12歳) 

     団体料金:1割引(15名以上)

〈遊覧時間〉:約20分間

〈運航時間〉AM8:00~PM4:00頃

〈運航期間〉3月中旬~11月中旬

〈運航の形態〉55人乗り遊覧船(15t):4隻

【実は】能登金剛遊覧船は犬連れでもOKなんです

遊覧船はペットも一緒にのせることができるだけではなく、記念撮影もしてくれます。

勝手に撮って欲しい人は買うというスタイルでお気に入りにスポットのひとつです。

犬連れでも乗れる能登金剛遊覧船(大人¥1000、犬無料)です。

階段を下りていると犬も乗れますよ〜の声が聞こえます。

ワンちゃんは初めてなので乗る時に驚いていましたが、抱っこして乗せました

遊覧船の足下にある穴を見つけて顔を出して見てましたが、犬も大満足?穴から身体を出し過ぎて落ちたら大変なのでしっかりリードを引っ張って持つことが大切です。

アクセス、駐車場はあるの!?

「アクセス」

カーナビで設定するとき

カーナビでセットするときは、電話番号検索でセットしたら遊覧船乗場(巌門)ではなく、事務所のある場所(福浦港)にナビされます。

※カーナビの電話番号検索でセットする時は、TEL:0767-48-1261(旅の駅 巌門)、TEL:0767-48-1121(能登金剛センターさん)

両番号の駐車場下が遊覧船乗場ですのでわかり易いです。

「自動車で行く人」

4月1日より能登有料道路はのと里山海道となり、全線無料になりました。

能越道(田鶴浜線)も同様無料になりました。

金沢方面

①:のと里山海道(旧能登有料道路):柳田インターチェンジ→R249号線輪島方面→高浜南交差点左折→県道36号線→巌門(金沢より巌門まで約70分)

②:のと里山海道(旧能登有料道路):西山インターチェンジ→R249号線輪島方面→松の木交差点左折→県道36号線→巌門(金沢より巌門まで約65分)

輪島方面

①:R249号線金沢方面→牛下交差点右折→県道36号線→巌門(輪島より巌門まで約65分)

②:のと里山海道:徳田大津インターチェンジ→県道236号線(巌門方面)→松の木交差点直進→県道36号線→巌門

①、②ともに約65分

和倉温泉方面

七尾田鶴浜バイパス:金沢・輪島方面→能越道:徳田大津インターチェンジ→県道236号線(巌門方面)→松の木交差点直進→県道36号線→巌門(和倉温泉より巌門まで約35分)

「電車・バスで行く人」

北陸鉄道 定期観光バス

あさいち号:和倉温泉、輪島駅発で能登の観光地を巡り、金沢駅着の便。

2017年4月より巌門立ち寄りで遊覧船に乗船できます。 

(料金別途 割引あり)

ななお号:和倉温泉発で短時間で能登の観光地を巡り、早めの時間に金沢駅着の便。

2017年4月より巌門立ち寄りで遊覧船に乗船できます。 

(料金別途 割引あり)

電車の場合(羽咋駅からは路線バスになりますが、交通の便があまりよくありませんので、ご注意下さい。)

金沢駅からJR七尾線→羽咋駅下車→路線バス(富来行き)→三明駅(乗換)→巌門

「バスで行く人」

金沢駅より特急バス:富来・門前方面で富来駅下車、巌門までタクシーで行きましょう。

まとめ

・ペットと一緒に遊覧船にのることができます。

・能登金剛遊覧船、能登金剛センターさん下船乗り場、旅の駅 『巌門』下船乗り場の3コースがあるため好きな場所に行くことができます。

・アクセスは車、バス、電車があります。

能登金剛の観光なら遊覧船に乗って、ペットと旅行を楽しんで素敵な一日になるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました