いろんなパターンが楽しめる!?何度でも行きたい吾妻峡のキャンプ場

スポンサーリンク
関東
スポンサーリンク

あなたは、吾妻峡をご存じでしょうか?

吾妻峡とは、群馬県の吾妻川上流にある渓谷です。

見事な断崖や、すばらしい山々の景観を誇ることで

有名な観光スポットとなっています。

吾妻峡は、その昔火山によってできた溶岩層を川の水が

長い年月をかけて浸食してできたものと考えられている

そうです。

これを聞くと、自然のすごさを感じますよね。

また、吾妻峡を流れる吾妻川に架かる雁ガ沢

(かんがさわ)橋から八ツ場(やんば)大橋の間に、

吾妻峡十勝と言われている10ヶ所の景勝地があるのです。

たくさん見るところがあるのは嬉しいですよね。

この10か所のうちのひとつである「八丁暗がり」は、

高さが50m、川幅がわずか3mしかないスリル満点な景観で、

人気スポットとなっています。

そんな吾妻峡の近くで、実はキャンプを楽しむことも

できるようです。

おすすめのキャンプ場は、「湯川キャンプ場」という

ところです。

こちらの湯川キャンプ場は、吾妻峡から6キロほど

離れていますが、車だと10分ぐらいで着くようですよ。

こちらのキャンプ場には、バンガローが9棟と、

テントサイトがあるようなので、どちらのパターンも

楽しめるのはいいですよね。

寒い時期には、バンガローを利用するのもいいかも

しれませんね。

ただし、今は営業が不規則になっているようなので、

湯川キャンプ場を利用してみたい方は、事前に確認

してから行かれるようにしてくださいね。

時を忘れる美しさ!吾妻峡の遊歩道をゆっくり歩いて癒やされる

吾妻峡を楽しむにあたって、遊歩道を歩いてみるのも

おすすめです。

この遊歩道から見る吾妻峡は、吸い込まれるような

絶景だと口コミにもありました。

ただし、遊歩道は歩きやすいように整備されている

というわけでもないようです。

もちろん、人が歩けるように道はあるのですが、木の

根元が出ていたりと、平坦な道ではないようです。

無理をせず、ゆっくり遊歩道を歩きながら景色を

楽しむというのがいいかもしれませんね。

実際にこちらの遊歩道を歩かれた方の体験談が

こちらのサイトに載っていましたので、ぜひ参考に

されてみてください。

サイトはこちらです。

☆☆吾妻峡☆☆2019年5月2日(キャンプ中の観光)
やっと梅雨が明けたら連日の猛暑でぐったりです。ま、理由は猛暑だけじゃなくて夏休みだから・・・って...

ここには必ず寄りたい!吾妻峡の道の駅は温泉も買い物も楽しめる

実は、吾妻峡には「道の駅あがつま峡」という

道の駅も併設されています。

吾妻峡の玄関口に位置しているので、利用する方も

とても多いようです。

こちらの道の駅には、温泉施設やドッグランなどが

入っています。

また、豊かな自然に囲まれた広場には、子供達が

遊べる遊具もたくさんあるそうですよ。

さらには、足湯やウォーキングロードなどもあるので、

日常の疲れを癒せる憩いの場として人気を誇っているのです。

足湯だと着替えの準備もいらず、手軽に利用できるのが

嬉しいですよね。

また、吾妻はブドウやリンゴ、ブルーベリーなどの果物が

豊富な場所で、直売所で買うことができます。

ほかにも、新鮮な取れたて野菜や加工品、お土産品

なども売っているそうです。

さらに、この直売所には軽食コーナーが併設されており、

カレーライスやうどん、ソフトクリームやかき氷なども

買って食べることができます。

こういった自然の中で食べるご飯やソフトクリームは

とっても美味しいですよね。

このような食べ物を楽しみに吾妻峡に行かれる方も

いるようです。

こちらの道の駅の直売所の現在の営業時間は、

9時~18時とのことなのですが、12月からは

17時閉店になるようなので、事前に確認してから

行かれるといいですね。

道の駅あがつま峡のホームページには、最新の情報や

敷地内のマップなど、知りたい情報がたくさん載って

いますので、ぜひ行かれる前にチェックしてみてください。

ホームページはこちらになります。

道の駅あがつま峡|群馬県東吾妻町
町営日帰り温泉施設「吾妻峡温泉天狗の湯」を併設した道の駅です。農産物直売所・足湯・健康遊具・ドッグランもあり、地域のふれあいの場としても役割を担っています。

まとめ

これまで、吾妻峡の近くのキャンプ場について、また

吾妻峡の遊歩道について、そして併設しているおすすめの

道の駅をご紹介してきました。

吾妻峡に行ったことがないという方も、行ってみたく

なったのではないでしょうか。

キャンプが好きな方は、吾妻峡の近くにキャンプ場が

あるのも嬉しいですよね。

しかも、テントでもバンガローでもどちらでも

楽しめます。

今回はテントでのキャンプだったから、次はバンガローに

泊まってみようと、何度でも吾妻峡を楽しめそうですよね。

色んなキャンプ場に行ってみるのも楽しいとは思いますが、

一度行ったことのあるキャンプ場で泊まり方を変えるだけで

以前泊まったときと全く別の体験になるから不思議ですよね。

これもキャンプの醍醐味ではないでしょうか。

また、紅葉の時期はもちろんですが、季節ごとに訪れて

みるのも楽しいかもしれませんね。

あまり、キャンプ慣れしていないという人も、こちらの

吾妻峡付近であれば、道の駅もありますし、買い物も

できるので、もし忘れたものがあっても安心して

キャンプ場に行くことができそうです。

日頃の疲れを癒しに、ぜひ吾妻峡での散策や

キャンプを楽しんでみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました