あの湯滝は奥日光三名瀑の一つ!車で行くアクセス方法は?

スポンサーリンク
関東
スポンサーリンク

あなたは、滝を見に出かけることはありますか?

あまり滝を見に行ったことがないという方も

いるかもしれませんが、おそらく多くの方が

一度はどこかの滝を訪れたことがあるでしょう。

それほど、滝には人を癒してくれる効果がありますよね。

滝を見に行くと、マイナスイオンを浴びることができ、

心身ともにリフレッシュできます。

そんな良い影響を与えてくれる滝ですが、特におすすめ

なのが、奥日光三名瀑の一つである「湯滝」というところです。

滝湯とは、上流にある湯ノ湖の水が、三岳熔岩流の高さ

60mの岩壁を流れ落ちる大迫力の滝です。

その湯滝まで車で行きたいと考えている方もいるかも

しれませんね。

そんな方のために、湯滝まで車で行く方法をご紹介したいと

思います。

車で行く場合は、日光宇都宮道路・清滝ICより約30分で

湯滝の駐車場に着くそうです。

自宅の場所にもよりますが、高速を使えば、下りてからも

そんなに時間がかからないのでいいですよね。

さらに、湯滝には、ちゃんと駐車場も完備されている

ようです。

次に、駐車場についてご紹介していこうと思います。

湯滝へ行くための駐車場はどこに?料金についてもご紹介

湯滝の近くには、小さめの無料駐車場と大きい有料

駐車場がそれぞれあります。

無料駐車場は、湯滝の上流にある無料駐車場を狙って

いくのがおすすめらしいのですが、駐車できる台数が

少ないのが難点のようです。

そこで、その無料駐車場が満車だった場合は、

下流にある有料駐車場を利用するといいそうです。

有料駐車場もあるので、車が止められなくて困る

ということは無さそうですね。

有料の駐車場は、駐車料金500円がかかるそうです。

普通車が約60台止められるそうなので、安心です。

風景だけじゃない!湯滝へ行ったら温泉も!料金はどこもいっしょ?

湯滝に行ったら、日帰り温泉もおすすめです。

こちらのサイトで、千円以下で入れる温泉が載って

いたのでいくつかご紹介したいと思います。

サイトはこちらです。

奥日光湯元の日帰り入浴【厳選】お薦め12選 | 日帰り温泉なび
奥日光湯元の日帰り温泉を12ヶ所ランキングしました。口コミ満載ですので旅行前に是非チェックして下さいね♪

一か所目は、「奥日光パークロッジ深山」です。

大浴場は、源泉かけ流しの濁り湯となっており、

500円で堪能できます。

泉質は硫化水素泉(硫黄泉)で、源泉は宿から徒歩3分

ほど行った湯ノ湖平湿原にあるそうです。

二か所目は、「おおるり山荘」です。

こちらは、白濁した白い湯花が大量に舞うお湯との

ことです。

露天風呂は、母屋から離れてすぐの所にあります。

戦時中、学童疎開していた上皇陛下が滞在した

「南間ホテル」の跡地に立つホテルで、皇室の方々も

ご利用された源泉とのことです。

筋肉疲労や冷え性をはじめとする一般適応症のほか、

性慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病などの

改善が期待できるそうです。

三か所目は、「奥日光 高原ホテル」です。

こちらの露天風呂は、源泉掛け流しの乳白色の湯が

楽しめるそうです。

また、木立の緑が間近に感じられ、非日常の空間と

開放感溢れる露天風呂だそうです。

内風呂も広々としたつくりになっています。

四か所目は、「スパビレッジ カマヤ」です。

こちらの温泉は、日光の大自然を満喫しながら

露天風呂を楽しめます。

また、効能豊かな天然温泉を楽しめる素朴な温泉宿と

なっています。

家族風呂もあるようで、家族やグループなどで

利用可能なようです。

五か所目は、「休暇村日光湯元」です。

こちらの温泉は、日光国立公園の中の静かな湖畔

そばにあり、素晴らしい景観が魅力です。

内風呂からも外の景色を見ることができます。

夜には、満月や満点の星空をその目に焼き付けながら

温泉を楽しむことができます。

また、つぼ湯も男女各2つずつあるそうですよ。

上記の5つの温泉宿は、すべて千円以下で日帰り温泉が

利用可能なようなのですが、これらの宿以外にも

千円以上で入れる温泉宿もあるようなので、気になる

方はぜひ検索してみてください。

千円以下で温泉に入れる宿だけでもたくさんあるのに、

千円以上の宿もあると分かれば、どこの温泉に行こうか

悩んでしまうかもしれませんね。

それぞれの宿に、良さや魅力があります。

どの温泉に行かれても、その温泉宿の良さを

味わうことができるかと思いますので、自身が

一番気になったところに行かれてみるといいかも

しれませんね。

まとめ

これまで、湯滝まで車で行く方法や、湯滝に近い駐車場の

場所や料金について、また湯滝に行ったあとにおすすめの

千円以下で入れる温泉宿をご紹介しました。

湯滝まで車で行くことは、途中天候が変わった場合でも

安心ですよね。

公共機関を使う場合だと、天気の急変には困るかも

しれません。

そう考えると、湯滝まで車で行くのはおすすめかも

しれませんね。

また、車だと一人で気軽に行けるのもメリットでしょう。

時間も気にしなくてもいいですし、自分の好きな時間で

動くことができます。

湯滝から、温泉に向かう場合にも、車があれば

便利ですね。

車移動の方が、移動時間を短縮できる場合があると

思いますので、その分湯滝にいる時間を長くできたり、

また温泉にゆっくり入ることができたりと、良いことばかり

かもしれません。

ぜひ、湯滝や温泉宿に便利な車で行かれてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました