北陸

スポンサーリンク
北陸

満喫するにはどのくらいかかる?兼六園の必要な滞在時間は?

兼六園に行ったことはありますか? 兼六園は、石川県金沢市の中心部にあり、四季折々の美しさを 楽しめる庭園として、多くの観光客に人気のスポットです。 何代もの加賀藩主によって、長い年月をかけて形づくられており、 歴史を感じますよね。 そんな兼六園ですが、まだ行ったことがないという方は、 兼六園がどういうところなのか分からないという場合も あるでしょう。 そこでこの記事では、兼六園の魅力について色々とご紹介したいと 思います。 また、どれくらい滞在したら兼六園を満喫できるのかについても 合わせてご紹介します。 今、兼六園に行こうと考えている方のお役に立てますと幸いです。
北陸

これを知らないと恥をかく?ひがし茶屋街は食べ歩きは禁止?!

ひがし茶屋街って行ったことがありますか? ひがし茶屋街は、石川県金沢市にある、風情ある街並みが人気の 観光スポットです。 お土産屋さんやスイーツ店など、色んなお店もあります。 金沢観光をする場合は、外せない場所ですね! そんなひがし茶屋街ですが、まだ行ったことがないという方は、 どんなところなのか具体的には分からなかったりするかと 思います。 そこでこの記事では、ひがし茶屋街について色々とご紹介して いきたいと思います。
北陸

行く前に確認!金沢21世紀美術館を効率よく巡るための平面図

「金沢21世紀美術館」ってご存じですか? 金沢21世紀美術館は、石川県金沢市広坂にある現代美術を 収蔵した金沢市立の公立美術館です。 コンセプトとしては、「新しい文化の創造」と「新たなまちの 賑わいの創出」を目的とし、開設されたそうです。 とっても気になる美術館ですよね!! まだ金沢21世紀美術館に行ったことがないという方は、どんな ところなのか詳しく分からないでしょう。
北陸

え?!まだ行ってないの?金沢21世紀美術館のアクセス方法とは

金沢に観光に来たなら、ぜひ「金沢21世紀美術館」に一度足を運んでみてほしい。 地元では「まるびぃ」という愛称で親しまれ、「21美」という略称でも呼ばれている、 全国的にも有名な美術館の一つとして挙げられる、金沢を代表する観光名所。 日本三名園として有名な兼六園や石川県立美術館の徒歩圏内にあり、 観光客にとっては観光もしやすい便利な場所にあります。
北陸

ひがし茶屋街は食べ歩き禁止?マップでお店を確認して巡ろう!

金沢に観光に来たからには「ひがし茶屋街」は外せない有名スポット。 ここ近年観光客がじわじわ増えてきており、外国人観光客や女子旅としても 人気の金沢を代表する観光地の一つ。 また石川県民にとっては、小学生や中学生の遠足場所などとしても 昔から馴染みのある場所です。
北陸

天然温泉三峰は砂風呂が魅力!体の内側からキレイになる

花の都可児市の山里に訪れるすべての人々の心を優しく包む場所「天然温泉三峰」。 春には、小鳥が舞い 夏には、蛍が舞い 秋には、紅葉が舞い 冬には、雪が舞い自然のおりなす舞詩を聴きに一度足をお運び下さい。 砂塩風呂もあります。 高級旅館のような雰囲気を持つスーパー銭湯「三峰」。イイ感じなんです。 コチラの施設では、天然温泉が楽しめますが、アルカリ性単純温泉で、源泉かけ流しの浴槽もあり、温泉を堪能できます。 温泉以外にも、高濃度炭酸泉やシルク風呂など多彩な浴槽が楽しめます。露天風呂の雰囲気がいいです。 「岩」と「緑」が調和して何とも贅沢な空間を演出しています。
北陸

能登金剛の観光なら遊覧船は外せない!ペットも乗船可ってホント?

能登金剛の観光するなら遊覧船は、ペットと一緒に景色を楽しむことができます。 遊覧船でペットと一緒に乗った人、遊覧船のコースや料金、アクセスについて紹介します。
北陸

能登金剛巌門とは?見どころや楽しみ方をカンタン解説します

日本海の荒波の生んだ岩盤が美しい、石川県の能登金剛巌門。 険しい断崖と荒々しい波は、能登金剛を最も象徴する光景ですよね。 また、透きとおるような水、海岸の敷岩など自然が造り上げた素晴らしい 景色が楽しめる観光スポットとです。 日本海への観光を考えている方はぜひ、能登金剛巌門を訪れてほしい です。 また、能登金剛周辺には温泉も楽しめるんです。 そこで、能登金剛周辺で日帰り温泉を楽しめるところを紹介したいと思います。 他にも、観光の楽しみのひとつ『ランチ』。 能登金剛でおすすめのランチも紹介しますので、必見です。
北陸

能登金剛センターはグルメだけじゃない!日本海の眺めは要チェック

知る人ぞ知る、美味しいものが食べたいと思ったと同時に思い付く 能登金剛センターはまさにグルメの聖地…には変わりありませんが 何もグルメだけではなく、もっと他にも見所があるのです。 今回は能登金剛センターの、グルメ「以外も」掘り下げますので これまでの倍以上の楽しみを見つけて、大人だけではなく子供も 楽しめるようなプランを組んでみましょう。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました