料金や予約方法は?熱田神宮へ厄払いに行くなら服装は?

スポンサーリンク
中部
スポンサーリンク

熱田神宮に行ったことはありますか?

熱田神宮は、名古屋市熱田区にある神社で、昔から多くの方に

「熱田さん」と呼ばれ、親しまれている神社なのです。

おそらく、行ったことがないという方も、神社の名前は聞いた

ことがあるという方も多いのではないでしょうか。

そんな熱田神宮ですが、厄払いで訪れる方も多いです。

ただ、初めて熱田神宮に厄払いで訪れようと思っている方は、

どうやって予約を取ったらいいのか、また服装はどんな感じに

したらいいのか等、迷うかもしれませんね。

そこでこの記事では、熱田神宮に厄払いに行くにはどうしたら

いいかご紹介したいと思います。

また、熱田神宮の御朱印や見どころについても触れたいと

思います。

今、熱田神宮について調べている方のお役に立てますと

幸いです。

熱田神宮に行ったら欲しい!?御朱印がもらえる場所や料金は?

早速、熱田神宮の厄払いの予約の取り方や服装について調べて

みました。

こちらのサイトを参考にしています。

熱田神宮の厄払い!予約や時間・初穂料は?服装はどうする? | 何これって?
熱田神宮は、熱田さまと親しまれ全国から参拝客がたくさん訪れます。毎年200万人を超える初詣客が訪れる時期になると、厄払いの参拝者もたくさん訪れます。では熱田神宮の厄払い。予約や受付時間、初穂料や参拝時期、服装などをご一緒に見ていきましょう!

こちらのサイトによると、個人で厄払いに行かれる場合には

予約は不要ということがわかりました。

予約はせずに、当日受付をすればいいようです。

また、厄払いだけではなく、お宮参りや七五三などの祈祷に

ついても予約は不要らしいので、自身の都合に合わせて行き

やすいですね。

気を付けたいのは、団体で厄払いや祈祷に行く場合です。

この場合は、予約が必要になります。

人数などを聞かれる場合もあるかと思いますので、詳細を

把握して予約するようにするといいですね。

そして、厄払いの初穂料についてですが、熱田神宮では

3種類の金額が設定されているようです。

その3種類は、6000円、8000円、10000円以上とのことで、

この金額は祈祷の種類別になっているわけではないそうです。

自分で、この中から金額を選択するわけなのですが、中でも

6000円と8000円を選ぶ方が多いのだそうです。

あくまでも、金額は気持ちの問題なので、祈祷の効果に影響して

くるというわけではありません。

そしてもう一つ気になるのは服装ですよね!

結論から言うと、服装に特に決まりはないようです。

ですが、やはり厄払いは社殿の中にも入りますし、けがれを

清めてもらう儀式なので、服装に気を使うということは必要な

ことかもしれませんね。

男性はスーツにネクタイ、女性はスーツやワンピースなどの

いわゆるフォーマルな服装が望ましいでしょう。

ぜひ、これらのことに気を付けて、厄払いに行かれてみて

くださいね。

熱田神宮に行かれた際には、御朱印をもらうのもおすすめです!

本宮に近い場所に授与所があり、そこで御朱印をもらうことが

できます。

料金は志納となっており、いわゆる「お気持ち」で払うの

だそうです。

こちらのサイトに御朱印のもらい方について詳細が載って

いましたので、こちらもチェックしてみてくださいね。

サイトはこちらです。

熱田神宮で御朱印3種類と御朱印帳を頂いたよ|場所や時間など | 御朱印ダッシュ!
熱田神宮(名古屋市熱田区)で御朱印三体と御朱印帳を授かりましたので、頂き方(場所・金額・受付時間のめやす)を簡潔にまとめておきます。

すぐに帰ったらもったいない?!熱田神宮の見どころを詳しく解説

ここでは、熱田神宮の見どころをご紹介したいと思います。

こちらのサイトを参考にしています。

初詣にもおすすめ!熱田神宮は想像以上にパワースポットだらけだった!│観光・旅行ガイド - ぐるたび
伊勢神宮に次いで格式の高い「熱田神宮」熱田神宮は、名古屋鉄道の名鉄名古屋駅から約6分の神宮前駅下車。駅の西口を出ると目の前に見える「熱田の杜(もり)」と呼ばれる森の中にあります。▲右が神宮前駅。左が「熱田の杜」。歩道橋か横断歩道を渡って約3

まず見どころ一つ目は、「本宮」です。

本宮は、熱田神宮を訪れた方のほとんどが訪れる場所となって

います。

こちらには、草薙神剣を御霊代(みたましろ)とする天照大神

(あまてらすおおみかみ)がまつられているのです。

必ず訪れたい場所ですね。

二つ目は、「一之御前(いちのみさき)神社」です。

こちらは、本宮を正面に見て左に行くと小道の入り口が

あるそうなのですが、この道を進んでいったところに

あります。

とても神聖な場所で、以前は立ち入ることができなかったよう

なのですが、今は参拝できるようになっています。

三つ目は、「清水社(しみずしゃ)」です。

こちらは、「美肌」と「目」にご利益があると言われています。

美肌にもご利益があるということで、こちらを訪れる女性は

とても多いのだそうですよ。

以上が、熱田神宮の見どころになります。

厄払いで行かれた際には、ぜひ上記の場所にも行かれてみて

くださいね。

まとめ

これまで、熱田神宮での厄払いの予約や服装について、また

熱田神宮の御朱印がもらえる場所や料金のこと、さらに熱田

神宮の見どころをご紹介してきました。

熱田神宮への厄払いについて、よくおわかり頂けたかと

思います。

神社によって決まり事や料金などバラバラですよね。

事前に知っておかないと、実際に神社を訪れたときに

知らなかったということが出てくるかもしれません。

なので、熱田神宮を訪れるときも事前に知っておくことが大事

ですね。

そして、厄払いだけで帰宅するのはもったいないので、ぜひ

見どころであるスポットにも訪れてみて頂きたいです。

熱田神宮は、パワースポットとしても有名で、上記にご紹介した

場所以外にもまだまだ見どころはあります。

なので、できればゆっくり見てまわれる日を選ぶのがいいかも

しれませんね。

熱田神宮を訪れることで、今後の生活に何らかの良い影響が

あるかもしれません。

自分にとって、良い影響を与えてくれるであろう熱田神宮を

ぜひ一度訪れてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました