国営 ひたち海浜公園のコキアが絶景‼コキア開花の状況解説♪

スポンサーリンク
関東
スポンサーリンク

国営 ひたち海浜公園のコキアのインスタ映えするおすすめの場所について知りたい!

国営 ひたち海浜公園のコキアの魅力やひたち海浜公園おすすめのスポットなどについて紹介します。

国営ひたち海浜公園のコキアがキレイ‼インスタ映えベストポジションは?

国営ひたち海浜公園のコキアとは?

開園面積約215haもある園内には、各所に大規模な花畑があり、春にはネモフィラやスイセン、チューリップ、初夏にはバラ、夏にはジニアやヒマワリ、秋にはコキア(ほうき草)の紅葉やコスモスと、四季折々の草花が訪れる人々の目を楽しめます。

コキアとは?

コキアは1年草で成長とともに大きさや色を変えていきます。

若々しい緑のコキアはまんまるなマリモのようで、茶色く枯れたコキアはツンツンしてハリネズミを思わせるような生き物にみえます。

色はもちろん、同じように見えても一つひとつ個性のある形や大きさもコキアの魅力です。 また、コキアは時間帯によっても表情を変え、朝はさわやかな印象に、夕方は西日でいっそう鮮やかになります。

夏から初秋にかけてのコキアは、明るめの鮮やかなグリーン。毎年6月下旬に、みはらしの丘に植えられます。

15cmほどの小さなコキアの苗は、夏の日差しを浴びてスクスクと育ちます。60cm〜70cmほど成長にする頃には秋の気配。

鮮やかなグリーンが、徐々に黄色味を帯びていきます。8月の夜間開園“コキアライトアップ”も毎年好評で、普段は見ることのできないきらびやかなみはらしの丘をお楽しみいただけます。

およそ70cmほどでコキアの成長は止まり、モコモコした生き物のようなかわいらしさ。ここからは色が赤く変わっていく姿をみてください。

コキアは突然真っ赤になるのではなく、頭の方から少しずつ赤くなっていきます。

すべて真っ赤になるまでの期間は、赤と緑の色鮮やかなグラデーション。日に日に赤みが増していくコキアの様子を観察できる貴重な期間です。色も形も摩訶不思議なコキアが一面に広がるみはらしの丘は最高です。

国営ひたち海浜公園へのアクセス方法はコチラから‼

「電車」

勝田駅まで

品川駅より勝田駅まで JR常磐線 特急で約85分

いわき方面

いわき駅より勝田駅まで JR常磐線(上り) 特急で約60分

勝田駅から路線バス

勝田駅 東口2番乗り場から海浜公園西口まで約15分、または海浜公園南口まで20分

※東海駅からも路線バスが出ています。東海駅 東口1番乗り場から海浜公園西口まで約30分

レンタサイクル

表町パーキングTAMARIBAから海浜公園西口まで 約6km・レンタサイクルで約30分(要予約)

「タクシー」

勝田駅 東口タクシー乗り場から海浜公園西口まで 約15分

高速バス

東京方面より

東京駅八重洲南口から海浜公園西口まで 茨城交通「勝田・東海線」で約2時間

仙台方面より

仙台駅前から勝田駅西口まで 茨城交通「仙台線」で約4時間30分、勝田駅 東口2番乗り場から海浜公園西口まで 路線バスで約15分

「空港バスでのアクセス」

茨城空港より

茨城空港から勝田駅西口まで 空港バスで約1時間10分、勝田駅 東口2番乗り場から海浜公園西口まで 路線バスで約15分

茨城空港

茨城交通 太田営業所 電話:0294-72-2191

成田空港より

成田空港から勝田駅西口まで 空港バスで約2時間25分、勝田駅 東口2番乗り場から海浜公園西口まで 路線バスで約15分

国営 ひたち海浜公園のコキアの近くにある観光スポットは?

那珂湊おさかな市場

公園から車で約15分

鮮魚店や水産加工品店などが軒を連ね、新鮮な魚が安く手に入るため大盛況です。回転寿司店やレストランもあり、食事だけでも十分に楽しむことができます。

ひたちなか海浜鉄道

大正2年に運行を開始した歴史のある鉄道。始発駅「勝田駅」からひたち海浜公園最寄りの終点駅「阿字ヶ浦駅」まで30分程のローカル線の旅を楽しめます。

中生代白亜紀層

公園から車で約15分

浸食されのこぎり歯状になった岩礁群の地層。7500万年前に棲息していたアンモナイトの化石が発見され、中生代白亜紀の地層であることが確認されました。

虎塚古墳

公園から車で約20分

7世紀初めに築造された全長約56メートルの前方後円墳。横穴式石室内の奥壁と側壁に幾何学文や武器、馬具等が描かれています。国指定史跡。

酒列磯前神社

公園から車で約10分かかり、医療・醸造・海上安全・豊穣・学問の神様として信仰されているひたちなか市のパワースポットで巨木が生い茂る300mの参道も厳かな雰囲気です。

阿字ヶ浦海水浴場

公園から車で約10分、約1.5kmの砂浜を有し、夏季には県内外からの海水浴客で賑わいます。毎年夏に行われる花火大会も人気で、尺玉、特大スターマインなどが打ち上げられます。

平磯海水浴場

公園から車で約15分、周りを堤防に囲まれた海水浴場で、波の心配がなく安心して遊べます。特にファミリー層に人気が高く、海に浮かぶ滑り台「くじらの大ちゃん」も人気です。

偕楽園

公園から車で約35分、100種3,000本の梅が植えられ、かぐわしい早春を告げてくれます。2月下旬から3月下旬にかけての「梅まつり」を皮切りに、園内に花々が季節を届けてくれます。

弘道館

公園から車で約35分、1841年に水戸藩主・徳川斉昭公の手によって創設した藩校で、学問から武芸まで幅広い分野の武士教育を行っていました。近世日本の教育遺産群として日本遺産にも登録されました。

アクアワールド茨城県大洗水族館

公園から車で約25分らサメの飼育数日本一を誇り、マンボウやラッコなど約580種68,000点の世界の海の生物に出会うことができる水族館でイルカやアシカのショーも大人気!

大洗マリンタワー

公園から車で約25分、地上60mの、大洗町のシンボル的存在。3Fには展望室があり、360度の大パノラマを見ることができ、晴れた日には富士山筑波山まで眺められる。

まとめ

ひたち海浜公園ではコキアがあり、ここでしかみることができない景色です。

ひたち海浜公園の周辺には様々な観光スポットがあるため、一人でも家族でインスタ映えする場所が多いため素敵な日を過ごせるといいですね!

タイトルとURLをコピーしました