たまにはのんびりしたい!湯ノ湖でランチをして日々の疲れをとろう

スポンサーリンク
関東
スポンサーリンク

湯ノ湖でランチをしながらのんびり過ごすのもいいですよ。

湯ノ湖はランチ以外で楽しめる場所、ハイキングなどについて紹介します。

カップルも家族も!湯ノ湖に行ったらボートをかりてゆっくりしよう!

湯ノ湖とは?

三岳の噴火で湯川がせき止められてできた湖で、周囲は約3km、三方を山で囲まれており、静かで、どことなく神秘的な雰囲気が漂い湖岸には散策路があり1時間ほどで一周できます。

湖の周囲には、ノリウツギ、オオカメノキ、ダケカンバなどの広葉樹と、コメツガ、ウラジロモミなどの針葉樹の原生林があり、変化に富んだ手つかずの自然を楽しむことができます。

9月下旬~10月中旬には赤・黄・茶、色とりどりの見事な紅葉が見られます。

またマス釣りの名所でもあり、5月~9月の解禁期間は多くの人々で賑わいます。

アクセス

JR日光駅・東武日光駅から「湯元温泉」行きバス乗車1時間20分、(45)「湖畔前」バス停下車すぐ

本当に癒やされる…湯ノ湖のハイキングの特徴をご説明します!

  • 湯ノ湖畔沿いコース

湯ノ湖畔沿いを歩くアップダウンがほとんどないコースです。

夏は新緑の中で鳥のさえずりを聞き、秋には紅葉をゆったり楽しめます。

(冬期は閉鎖となります)

途中、湯滝を上から眺める事も出来ます。

距離:約3km

高低差    約1m 高低差はほぼありません

所要時間:1時間~1時間半

トイレ:湯元温泉内(湖畔ひろば)

駐車場:湯元温泉内駐車場

湯滝落ち口付近の駐車スペース

②戦場ヶ原(赤沼~湯滝)

戦場ヶ原(赤沼~湯滝) 戦場ヶ原(赤沼~湯滝)

森あり、湿原あり、滝ありと自然の変化に富んだコース。

途中ラムサール条約に登録されている湿原や日光連山を望む事が出来ます。

距離:約5km、高低差:約100m

所要時間:2時間半~3時間

トイレ:湯滝駐車場

  • 切込湖刈込湖

苔むす森の中を歩く起伏のあるコース。

深緑の中歩いて辿り着く刈込湖は一見の価値ありです。

距離:約10km

高低差:約300m

所要時間:4時間半以上

トイレ:湯元温泉内(北駐車場)

光徳駐車場

駐車場:湯元温泉内駐車場

光徳駐車場

  • 中禅寺湖南岸

中禅寺湖越しに男体山を望みながら、静かな南岸をゆったりと歩けるコース。

途中にはかつてのイタリア大使館別荘を再整備した公園もあり、日光が国際避暑地として賑わった往時の雰囲気を味わうこともできます。

「低公害バス時刻表」

距離:約13km

高低差:約50m

所要時間:約4.5時間

トイレ    歌ヶ浜駐車場

千手ヶ浜駐車場

駐車場

歌ヶ浜駐車場

千手ヶ浜(バス停)

湯ノ湖のハイキングにきたら温泉を楽しもう!

湯ノ湖の畔に立つ食事処。大きな窓から四季折々の湖の景色を堪能できる。ワカサギの唐揚げ、日光名産の巻き湯葉の煮物に刺身コンニャクや煮物、うどんにご飯まで付いたわかさぎ定食1200円が人気メニューで湯の児散策のお供は熱々のカレーパンもおすすめ。

  • 日光湯元レストハウス

営業時間:9時~16時(土日祝は8時30分~17時)

定休日:12月~3月(4月~11月の営業期間は原則休みなし。11月に臨時休業あり)

アクセス:【電車】JR日光駅・東武日光線東武日光駅より東武バス湯元温泉行きで1時間25分、終点より歩いてすぐ。

【車】日光宇都宮道路清滝ICより40分

駐車場はありません。

  • 奥日光 森のホテル

ほのかに緑がかった乳白色の湯は贅沢な湯浴みで、奥日光 森のホテル 大露天岩風呂

日光湯元温泉の湯量豊富な源泉を100%源泉掛け流しで使用した湯宿。

空気に触れて乳白色になった湯を、奥日光随一の規模を誇る大露天岩風呂でじっくりと楽しみたい。露天風呂の周りは手入れの行き届いた庭園になっていて、紅葉の時期は特に美しい。

[営業時間]立ち寄り入浴14時~20時

[定休日]なし(臨時休館あり)

  • 湯元園地 あんよの湯

乳白色の湯が満ちる足湯で、奥日光観光で疲れた足をリフレッシュ

日光湯元温泉の源泉から湯を引いた足湯。ハイキングの足の疲れを癒やすには絶好の施設だ。40人が並んで利用できるほど大きく、雨の日でも安心な屋根が付いているうえ、利用料金は無料なので、週末の混雑時でも気軽に利用できる。

[営業時間]9時~20時

[定休日]12月初旬~4月中旬)

  • 日光アストリアホテル

奥日光の深い自然と澄み渡る静寂、湯量豊富で万能な泉質、源泉掛け流しの温泉です。また、地元の素材を取り入れたお食事もご堪能下さい。

アクセス

東武日光駅、JR日光駅下車、路線バス湯元温泉行き(光徳経由)で約70分

東京:車以外/東武・JR日光駅から、バスで湯元温泉行き(光徳経由)約70分

車/東北自動車道宇都宮ICより日光宇都宮道路25分~清滝ICより国道120号で40分~国道120号を沼田方面へ、戦場ヶ原より県道5分。

駐車場

有り(無料)※ 車以外 / 路線バスが光徳経由で無い場合、光徳入口まで送迎有ります

(要予約)

※ 車 / 冬季(12月~3月)はスノータイヤ又はタイヤチェーンが必要、道路状況などはホテルまでお問合せ下さい。

まとめ

湯ノ湖にはハイキングだけではなく、ランチも楽しむことができます。

ランチは様々な店舗があるため、好きな場所で昼食をしましょう!

湯ノ湖には季節によって景色が違うため春~冬まで違った季節を楽しみましょう!

タイトルとURLをコピーしました