それ本当にあってますか!?四万の甌穴の正しい読み方とは?

スポンサーリンク
関東
スポンサーリンク

四万の甌穴の正しい読み方は知っていますか?

また四万の甌穴は四万ブルーをみることができる観光スポットです。

今回は、四万の甌穴読み方四万の観光スポット、アクセスについて紹介します。

知れば知るほど行きたくなる!四万の甌穴群の魅力とは!?

四万の甌穴の読み方は?

四万の甌穴(おうけつ)群は、四万川にある名所で四万温泉の入り口の秋鹿エリアにある群馬県の天然記念物のことです。

四万の甌穴群とは?

四万の甌穴は、四万温泉の入り口の秋鹿地区にあります。

車をとめる無料駐車場があり、目印は道路の上に表示されている気温計です。

公共交通機関の場合は、関越交通の中之条駅-四万温泉の路線バスでバス停「四万甌穴前」で降りて目の前が甌穴です。

四万温泉街から徒歩や自転車でしたら、四万温泉柏屋旅館からおよそ1.5km、四万温泉協会などがある温泉街中心部からでしたらおよそ3kmです。片道歩いて片道路線バスでも大丈夫です。

道路の脇に入り口の案内表示がありますので、そこから川に降りることができ、甌穴を間近に眺めることができます。

※ 冬期は川に降りることができません。

どの季節に行っても美しい!?四万の甌穴群へのアクセス方法!

国道353号線沿いを流れる四万川は、その美しい“四万ブルー”と呼ばれる水の色は、川沿いの各所で見どころを作っています。その一つ、天然記念物に指定された「四万の甌穴群」です。

ポットホールとも言われる甌穴は、水の流れが渦巻き状になる川底のくぼみに石や砂が入り、それが水流の力で回転することで少しずつそこを侵食してできた円形の穴です。

ここ四万の甌穴群は、大小8つの甌穴が見られ、そこに湛えられる水の色との自然のアートを見に多くの人が訪れる観光スポットです。

数万年もの気の遠くなる年月を経て作られた、川の彫刻を湛える光沢と透明感あるインディゴブルー!思う存分カメラに収めた後は、誰もがその美しさにファインダーから目を外して暫くそこに佇みます。

インディゴブルーが湛える川の彫刻アート「四万の甌穴群」

四万の甌穴群を撮影したり眺望を見るには、国道沿いの歩道の上からがお勧めです。新緑、深緑、紅葉の季節とその自然の色彩と共に、その四季と光の具合により異なる美しい四万ブルーを湛える、自然の彫刻美を味わうことができます。

また、川の間近まで行くことができますが、歩道から川に降りる階段は途中で途切れており、傾斜した岩肌を降りる必要があるので健脚の方向けです。

その透明度の高い四万川の水と、その自然の彫刻美を立体的に味わうには絶好と言えます。

その圧巻の眺めに魅力があるとは言え、口径8m、深さ3.2mを超える大型の甌穴もあり、全ては自然の造形のまま。水辺の足元には充分ご注意を。

アクセス

関越自動車道渋川伊香保ICから約55分、JR中之条駅からバス約23分、四万甌穴前下車、徒歩すぐです。

  • 桃太郎の滝

四万温泉入口にかかる四万大橋から、川の下流方向に向かって徒歩2分程にある「桃太郎の滝」。発電用の小さなダム設備のすぐ横に流れ落ちる小さな滝ではありますが、この美しいティファニーブルーの湖面に流れ落ちる水簾の美しさ!これは、足を運ぶ価値があります。

四万温泉の周辺、滝巡りは人気の散策コースです。ハイキングコースを歩いていくものもある中で、この「桃太郎の滝」は道路沿いから階段を下りてすぐのアクセスで気軽に見に行くことができます。爽快感ある勇壮な滝もある滝巡りのうちでは、女性らしい繊細な美しさを味わえるこの滝。

湖面近くまで伸びる広葉樹の彩りも、四季を通して様々なコントラストを楽しませてくれます。

アクセス

JR吾妻線中之条駅下車、関越交通四万温泉行きバス約30分、清流の湯入り口バス停下車すぐ、または、高速バス「四万温泉号」温泉口バス停下車すぐ「四万温泉柏屋旅館」より約250m。

駐車場はありません

  • ターコイズブルー「奥四万湖(四万川ダム)」

四万温泉の最奥、周囲約4Kmの人造湖、奥四万湖。四万川ダムにより堰き止められたこの湖も、四万ブルーを作る四万川の水の色に驚かされる絶景ポイント。その水深ならではの深いターコイズブルーの湖面にダムの堤体、ダムマニアでなくともこの壮観な景色がみられます。

この水の色は、その透明度の高さによって青い光が水の奥底まで届くことで、赤い光が吸収され青が際立つという説や、アロフェンという物質の微粒子が乱反射するという説など諸説あります。ただ、これまでの様々な検査や研究によっても決定的な結論が特定されていないことから、「奇跡の四万ブルー」とも呼ばれています。

ダム好きに捧ぐターコイズブルー「奥四万湖(四万川ダム)」

この美しい景観を充分に眺めるなら、四万川ダム施設の道沿いにあるダムの資料館「四万せせらぎ資料館」横の展望台からの眺望がお勧めです(写真)。階段を登るとダム湖を一望、周囲の山々の爽快な景観と共に、その彩りのコントラストによって更に美しく青色が映えます。

四万せせらぎ資料館には、四万川ダム堤体模型やタッチパネル式の解説コーナーがあり、また奥四万湖を眺めながら湯に浸かれる町営日帰り入浴施設「こしきの湯」も併設されています。

キャニオニングやカヌーぐターコイズブルー「奥四万湖(四万川ダム)」体験などのアクティビティーも愉しめるエリアなので、ご家族連れにも絶好のスポットです。

ターコイズブルー「奥四万湖(四万川ダム)」

アクセス

JR吾妻線中之条駅より吾妻観光バス四万温泉行45分終点より徒歩30分、又はタクシー30分で駐車場はあります。

まとめ

和歌山県には四万十川の四万の甌穴があり、色々な場所から観光にこられる人も多い場所です。

ターコイズブルーのダムを眺めることができる有名な観光スポット以外にも観光できる場所があるため和歌山に旅行にきたら一度はおとずれてみてはどうでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました