5分で分かる?滝だけじゃない湯滝の見どころご紹介します!

スポンサーリンク
関東
スポンサーリンク

紅葉シーズンになり、自然に出かける方は多いかと

思います。

その中でも、栃木県日光市湯元にある湯滝は観光スポット

として有名ですね。

湯滝をご存じの方も多いかと思います。

湯滝は、湯ノ湖の南端にある高さ70m、長さ110mの

滝です。

湯川をせき止めて、湯ノ湖をつくった三岳溶岩流の岩壁を

湖水が流れ落ちています。

滝壺近くには、観爆台もあって、迫力ある姿を間近に

眺めることができますよ。

そんな湯滝ですが、実は滝だけではなく、他にも

見どころがあるのです。

以下に、湯滝の見どころをご紹介していきます。

一つ目は、「美しい紅葉」です。

これは、秋に湯滝に行く特権ですね。

湯滝がまるで紅葉に包み込まれているような、そんな

美しい姿を見ることができるようですよ。

二つ目は、「湯滝の歴史」です。

湯滝の歴史は、今から約6000年前までさかのぼります。

その当時、日光の中禅寺湖は既にあったのですが、

湯滝はまだありませんでした。

そんなときに発生したのが、現在も湯滝の北東にある

三岳(みつだけ)の噴火です。

この噴火によって、噴出した溶岩が湯川をせき止め、

その結果湯ノ湖が生まれ、同時に湯滝も生まれました。

以上、2つの見どころをご紹介しました。

どちらも、湯滝に行く前に頭に入れておくだけで、

湯滝を見るときの、見方や感じ方がきっと変わって

くるはずですよ。

まるでタイムスリップ?風情ある湯滝のレストハウスで一息つこう

湯滝のすばらしさは先ほどお分かりいただけたかと

思いますが、実は湯滝にはレストハウスがあり、

こちらもおすすめなのです。

こちらのレストハウスは、外観も風情ある造りで、

まるで昔にタイムスリップしたかのような気分を

味わえます。

このレストハウスでは、お土産はもちろん、うどんや

そば、鮎の塩焼き、お団子も食べられるそうです。

こちらの口コミを見てみると、「鮎の塩焼きは骨まですべて

食べられて美味しい!」という声や、「焼き団子は焼いている

部分はカリカリで味噌だれとの相性抜群!」という声もあり

ました。

ただし、公式ホームページを見てみると、現在は店内での

食事の提供は控えているというお知らせが掲載されて

いました。

店頭販売商品(鮎・だんご等)と、併設しているYショップ

奥日光店の物販はされているようなので、気になる方は

確認してから行かれてみてくださいね。

自然好きにはたまらない!?圧巻の湯滝を見ながらハイキング!

湯滝には、ハイキングコースもあって、多くの方が

ハイキングも楽しんでいるようです。

四季折々の絶景ポイントを味わいながら散策できるようで、

1年を通して、その時期らしいハイキングを楽しむことが

できるそうですよ。

一番のおすすめコースは、戦場ヶ原ハイキングコース

だそうです。

コースとしては、湯滝専用駐車場から15分程歩いて

湯滝まで歩きます。

湯滝を楽しんだら、そこから15分程歩き小滝に

向かいます。

小滝から20分程かけて小田代橋を目指します。

そして、小田代橋から途中の泉門池を見ながら25分程

歩くと、青木橋に着きます。

そこからは、戦場ヶ原を目指して湯川を眺めながら

30分程歩きます。

このコースがおすすめのハイキングコースになります。

また、戦場ヶ原がある赤沼分岐からは、30分程歩いて

竜頭の滝を目指すコースか、小田代ヶ原方面を目指す

コースがあるようですよ。

実際に、湯滝のハイキングコースに行かれる方は、

マップを見て位置確認をしてから行かれるといい

でしょう。

先ほどご紹介した、湯滝レストハウスのホームページに

ハイキングマップがとても分かりやすく載っていましたので

参考にされてくださいね。

ホームページはこちらです。

奥日光 湯滝レストハウス|ハイキングマップ

まとめ

これまで、湯滝の見どころについて、また湯滝のおすすめ

レストハウス、湯滝でぜひ行ってほしいハイキングコースに

ついてご紹介してきました。

湯滝周辺には、湯ノ湖だけではなく、泉門池や戦場ヶ原など

観光スポットがたくさんあります。

おそらく、一日中自然を満喫できるでしょう。

自然のいいところは、気持ちが無になるところでは

ないでしょうか。

何も考えずに、ただ景色の綺麗さ、美しさ、神秘さに

浸れるというのは、日常生活の中ではなかなか難しい

ことです。

仕事をしていれば、仕事の段取りを常に考え行動

しなければなりませんし、家に帰れば料理に洗濯、

掃除といった、やらなければならないことがあります

よね。

でも、自然に行けば、それらの用事から解放され、

頭も心も穏やかに過ごすことができます。

でも、湯滝のような自然に行きたくても、自宅から

遠くて、なかなか行くことができないという方も

いるかと思います。

そういう場合は、便利なインターネットも活用すると

いいでしょう。

今は、ホームページも充実していたり、実際に行った人が

写真を投稿してくれていたりと、まるでその場にいるかの

ような気分を味わうことも可能です。

また、湯滝に関しても色んな情報が載っているので

いつか湯滝に行くときのための予習にもなりますよ。

色んな方法で、湯滝などの自然に触れることで、日頃の

疲れが少しでも癒されるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました